mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > リゾート・オフィス

リゾート・オフィス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月31日 15:46更新

「リゾートオフィス(豊かな自然溢れる場所での業務の効率化)」とか「ワーク・ライフ・バランス(仕事と趣味の両立)

小生、遊びの中に仕事があり、仕事の中に遊びありの考えで何でも楽しんでしまえの高等遊民ですが、やはり人間、同志がいますね。

おなじような考え方をもった仲間が集えるコミュとして立ち上げました。
人間、同じ行動パターンだとマンネリ化しやすい、このようなある時は都心で、ある時は、リゾートで温泉につかったりしながら心がリフレッシュできれば、クリエイティブな発想が生まれるかな・・・シェアもいいし・・
トピック自由におたてください!(勿論、中傷など論外、マナーは守ってください)

【他の文を引用】

「遊びが仕事になり、仕事が遊びになる。リゾートがオフィスになり、オフィスはリゾートになるわけです。究極の境地ですね。とにかくトータルな生活を体験してみる、その中で個人の自由と自立を学ぶ、そして仕事というものを見つめ直して自分人生の中に新しく位置づける、そうした訓練がいまもっとも必要なことでしょう。私はリゾートオフィスという概念の中には、来るべき社会の望ましい方向への変化を指示する処方箋がかくされているのではないか、という気がしています」「遊職人種宣言」(銀河書房・1991年)

【リゾートオフィスのネットサーフィンから以下の文】
--------------------------------------------------
2006.04.07 IT活用し、軽井沢で快適リゾートオフィス (夕刊フジブログ引用)
【「大定年時代」を生きる】
別荘なんて、サラリーマンにとっては夢のまた夢というのが一般的な考え方だろう。しかし、定年後のセカンドライフの拠点として別荘にオフィス機能を備え、仕事と暮らしを同時に楽しむという方法もある。(2006.03.30紙面掲載)

 あこがれの別荘暮らしを実現し、満喫しているのは松岡温彦さん(65)。東京・渋谷に自宅、軽井沢にリゾートオフィスを構え、定年後も現役時代からの仕事を引き続き、さまざまなプロジェクトの企画やコーディネート、講演などをこなしている。さらに松岡さんは絵も描き、本の執筆や社会学の研究など趣味の幅も広い。・・・・・・・
・・・・・・・・・

「人間は、やりたいことなら何とか手段や方法を考え出すもの。どうすれば会社に行かずに、心地よい環境で仕事と遊びを両立できるかを考え抜いた結果が、ここ(別荘)なんです(笑)。田舎に引っ込むと交友関係が狭くなるという人もいますが、ネットで軽井沢の暮らしぶりやリゾートオフィスのことを発信したら、昔の仲間からメールが来るようになったり、相談や問い合わせもたくさん来るようになりました」
 その結果、学生時代の仲間同士で集まったり、同人誌なども作るようになった。意外にも、都心だけに住んでいたころより濃密な人間関係が築けたという。
 都心の住まいはこぢんまりした賃貸でOK。その代わり、山や海のある町に別荘を構え、パソコンとネット環境を整えれば、前向きで若々しいセカンドライフが 謳歌(おうか)できるかもしれない。


簡単に言えばリゾート地にあるオフィスですが、環境の良いところで質の良い仕事しようという発想から生まれたものです。

軽井沢で1987年8月に誕生したリゾーオフィスの定義は、日本リゾートオフィスクラブ会長の玉村豊男さんが、私と共著「遊職人種宣言」で書いているとおり、人間再生の場であり、地域再生の場であります。



遊びが仕事になり、仕事が遊びになる。リゾートがオフィスになり、オフィスがリゾートになる、まさにインターネット時代の究極の境地なのです。

--------------------------------------------------

八が岳リゾートオフィス体験記  (内田洋行 知的生産性研究所 引用)


 今年5月、私達4人は東京を出発し、車で3時間かけて八が岳リゾートオフィスに向かった。
 リゾートオフィスに着くとそこは森であった。私達一行はチェックインを済ませると鍵を受け取り、仕事のためにパソコンを一式借りた。そしてこれから2晩を過ごすコテージへと向かった。コテージはセンター棟の真後ろに位置し、木造建のものが5棟ある。それらはカントリースタイルで木材の風合いが微妙な色を醸し出している・・・・・・
・・・・・

リゾートオフィスのユーザーについて言えば、英語で次のような言い回しがある「a change is as good as a holiday」(変化は休暇と同じである)。私は確かにこの体験を楽しんだ。その点では社員の特権というか利益のようにも見える。日常の仕事のやり方を変えるということは、仕事のアウトプットを改良するためには刺激的であるように見える。同じタイプの仕事を長い間、同じやり方で同じ仲間とやってきて、仕事の手順はすっかり機械的になってきている。自分で何をやっているのかを考えていない。労働と通勤に並外れた時間を費やしている東京のワーカーの多くは特にそうである。リゾートオフィスはこのお決まりのやり方を破壊し、仕事がすべてなのではなくむしろその一部に過ぎないという、新鮮なライフスタイルの見方を与えてくれる。リゾートオフィスのユーザーにとって、この新たな見方はもっと興味深く、さらにもっと高収益な仕事を作ることになるかもしれない。企業はより良いアウトプットと公約を得ることができるし、そのような新しいワークスタイルをサポートすることで企業の良い宣伝となるかもしれない。





コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 40人

もっと見る

開設日
2006年5月23日

4019日間運営

カテゴリ
ビジネス、経済
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!