mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > サダム・フセイン

サダム・フセイン

サダム・フセイン

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月13日 12:22更新

サッダーム・フセイン[1] (ar:صدام حسين 、1937年4月28日 - 2006年12月30日)は、イラクの政治家で独裁者。前イラク共和国大統領、前首相、前革命指導評議会議長。バアス党地域指導部書記長。アラブ人、スンナ派イスラム教徒(ムスリム)。

フセイン閣下の年譜
1937年4月28日 イラク北部、ティクリートのアル=アウジャ村にて出生。
1957年 バアス党に入党。
1959年 カーセム首相暗殺未遂事件で死刑判決を受け、エジプトに亡命。
1963年 イラクに帰国。
1964年10月14日 逮捕投獄。
1966年 脱獄。
1968年 バアス党によるクーデターに参画。バクル大統領の就任を助ける。
1979年 バクル大統領引退。大統領就任。
1980年 イラン・イラク戦争開戦。
1990年 クウェートを占領。
1991年 湾岸戦争に敗北。
2003年7月22日 息子のウダイとクサイがアメリカ軍との銃撃戦で死亡。
2003年8月 アメリカが懸賞金をかける。
2003年12月14日 サッダーム・フセイン元大統領を拘束と世界各国の各メディアが発表した。ティクリートの南15km地点の町の民家の地下に隠れ銃2丁と75万アメリカドルを所有しており付け髭で偽装していた。同日午後9時にアメリカ軍(暫定政権局)が記者会見を行い、発見当時の映像も公開された。2005年5月には拘留中のサッダームの下着姿の写真がアメリカのプレイボーイ誌に掲載されサッダームが虐待がされているのではないかという疑惑に発展し世界中に波紋を広げた。
2005年 サッダーム・フセインの著書が発禁になった。
2005年7月30日 イラクの特別法廷(高等法廷)の予審尋問の際に何者かに暴行を受ける事件が起こったとサッダームの弁護団が発表した。アメリカ側はこの暴行事件を否定している。
2005年10月19日 特別法廷(高等法廷)で初公判が開かれた。
2006年11月5日 イラク高等法廷にて人道に対する罪として死刑判決。
2006年12月26日 同法廷にて1審死刑判決が控訴審で支持され、死刑確定。
2006年12月30日 諸悪の根源:USA主導による裁判、絞首による死刑が執行され、華と散る。享年69歳

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 169人

もっと見る

開設日
2005年1月20日

4337日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!