mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 新しい道徳教科書をつくる会

新しい道徳教科書をつくる会

新しい道徳教科書をつくる会

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年10月27日 11:24更新

修身教科書の前身だった『幼学綱要』を現代語訳する目的の、個人的な研究発表用コミュニティです。
(転載に当たっては、管理人の許諾を得て下さい)


※幼学綱要
元田永孚編。明治12年の教学大旨の精神に基づく修身教科書。宮内省より刊行され、全国の学校に頒賜された。挿絵を描いた松本楓古は茨城県出身の日本画家。

※元田永孚(写真)
熊本生まれ。儒学者、宮内官僚。父は熊本藩士。藩校時習館で横井小楠に師事。明治3年、藩知事細川護久の侍読となる。翌年宮内省へ出仕、明治天皇の侍講となる。10年、宮内省に天皇側近としての侍補職設置を実現。12年、藩閥政治を批判し天皇親政運動を展開するが失敗、侍補職廃止。14年、一等侍講。19年、宮中顧問官。21年から枢密顧問官。『教学大旨』の起草、『幼学綱要』の編纂等にたずさわり、教育勅語の起草にあたった。

※『幼学綱要』が掲げる20の徳目
孝行・忠節・和順・友愛・信義・勤学・立志・誠実・仁慈・礼譲・倹素・忍耐・貞操・廉潔・敏智・剛勇・公平・度量・識断・勉職


「ジェンダーフリー」「地球市民」「非武装平和」など生まれたてのイデオロギーを、物語の形態で宣伝する現行道徳教科書に代わる、真・善・美に満ちた道徳教科書を子供たちへ手渡したい、それが私の願いです。
歩みは遅いかも知れませんが、『幼学綱要』の現代語訳を着実に進めて参りますので、感想や意見などを寄せて頂ければ幸いです。また、全国の中規模以上の図書館に原典が収められておりますので、興味のある方はぜひとも手にとって読んで頂きたいと思います。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 31人

もっと見る

開設日
2006年5月14日

3862日間運営

カテゴリ
学問、研究