mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 斗山(トゥサン)ベアーズ 

斗山(トゥサン)ベアーズ 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月14日 17:19更新

韓国プロ野球の斗山(トゥサン)ベアーズを応援したい!という方ならどなたでも大歓迎です。その他韓国プロ野球に興味のある方の参加をお待ちしています。

斗山ベアーズは韓国の首都ソウルの南東部にある蚕室(チャムシル)野球場を本拠地としています。1982年韓国プロ野球発足とともにOBベアーズとして誕生し、大田(テジョン)を本拠地としていましたが、1985年ソウルへ移転しました。1999年OBから斗山(トゥサン)に名称を変更し、マスコットやユニフォームなどを一新しイメージチェンジしました。
優勝回数はOB時代を含め4回です(1982、1995、2001、2015)。2005年は4年ぶりに韓国シリーズへ進出しましたが、サムソンの前に惜しくも敗れました。2006年は投打ともに前年の勢いはなく、終盤キアと激しい4位争いをしましたが敗れてしまい、残念ながら5位に終わりました。ですが営業活動が成功し、シーズン終盤に熱い戦いを繰り広げたことにより、韓国プロ野球1の観客動員数を記録しました!
2007年シーズンは投手陣を中心に多数の選手が兵役から復帰し、リオスの22勝をあげる大活躍や主砲キム・ドンジュの復活もあり、公式戦2位でプレーオフ、そして韓国シリーズへ進出しましたが、惜しくも敗れました。

2008年シーズンは、若き首位打者キム・ヒョンスなど選手たちの成長で、公式戦2位でプレーオフに勝ち、韓国シリーズに出場しましたが、2年連続でSKに敗れてしまいました。
2009年シーズンは公式戦3位で、ロッテとの準プレーオフを勝ち抜き、因縁の敵SKにプレーオフでまたもや敗れてしまいました。
2010年シーズンは2年連続の公式戦3位で、ロッテとの準プレーオフを2年連続で勝ち抜いたものの、プレーオフでサムソンに敗れてしまいました。

球団創設30周年を迎えた2011年シーズンは、6月中旬成績不振によりキム・ギョンムン監督が辞任し、キム・グァンス監督代行が残り試合を指揮しました。結局5位に終わり、5年ぶりにポストシーズン進出を逃しました。

2012年からはキム・ジヌク監督が指揮を執り、この年は準プレーオフ敗退に終わりました。2013年は公式戦4位ながら準プレーオフ、プレーオフを勝ち抜きましたが、韓国シリーズで敗れました。オフにはソン・イルス新監督(日本名・石山一秀)が就任しました。2014年は6位に終わり、キム・テヒョン新監督に交代となりました。

2015年シーズン、準プレーオフ、プレーオフ、韓国シリーズを勝ち抜き見事14年ぶりの優勝を成し遂げました!


主な選手としては主将ホン・ソンフン、快足のユーティリティー内野手オ・ジェウォン、走攻守そろった外野手ミン・ビョンホン、2010年新人王捕手のヤン・ウィジ、天才打者キム・ヒョンス、華麗な守備のショートのキム・ジェホ、技巧派左腕ユ・ヒィグァンとイ・ヒョンスン、多彩な変化球を操る右腕ノ・ギョンウン、外国人投手ニッパート、走攻守そろった外野手チョン・スビンなど、魅力ある選手がそろっています。


また、2004年から2011年まで斗山を率いてきたキム・ギョンムン監督は、傑出した選手が少なく選手層も決して厚いとはいえない斗山で毎年結果を残し続けた手腕が高く評価され、北京五輪野球韓国代表監督に選ばれました!
2007年12月のアジア地区予選では惜しくも敗れましたが、2008年3月の世界最終予選で韓国代表を2大会ぶりに五輪出場へ導き、野球が行われる最後の大会となる北京五輪で、見事9戦全勝で韓国史上初の金メダルを獲得しました!


かつて在籍した選手では、タイロン・ウッズが日本でもよく知られています。1998−2002年までの5年間で175本塁打を記録し、98年には本塁打王(42本)、打点王の2冠を達成し、当時の年間本塁打記録を更新しました。
01年には打点王となり、チームを韓国シリーズ優勝に導き、ファンからも人気がありました。
03年から日本プロ野球に活躍の場を移し、これまで横浜、中日で3度の本塁打王に輝きました。(2008年限りで中日を退団、その後無所属)


日本プロ野球経験者では、近鉄、読売、ヤクルトで活躍した入来智投手が、2003年にチーム史上初の日本人選手としてプレーしました。
そのほかトロイ・ニール(2001年、オリックスに在籍)、ダニエル・リオス(2005−07年、東京ヤクルトに在籍)、マット・ランデル(2005−09年、ダイエー、読売にも在籍)、マット・ワトソン(2009年、千葉ロッテに在籍)、クリストファー・ニコースキー(2009年、福岡ソフトバンクに在籍)、レス・ウォーランド(2010年、横浜に在籍)、ケルビン・ヒメネス(2011-12年、東北楽天に在籍)、イ・ヘェチョン(2009-10年、東京ヤクルトに在籍)などの選手が在籍していました。


斗山ファンの方々の交流の場、あるいは現地観戦された方の報告の場として、コミュニティを発展させていきましょう!

なお、2009年、コミュニティ発足から3年余りで、参加者が100名を超えました。
皆様のご厚情に御礼申し上げます。

また、斗山ベアーズを通して、日本では情報量が限られている韓国プロ野球自体についても、皆様のご理解とご興味を深められるように、情報をお伝えしていくようにもしています。


なお、斗山の試合結果やその他のニュースは、管理人が運営するブログでもお伝えしています。
ご参考までにご覧ください。

「DAILY KOREAN PRO BASEBALL」
http://d.hatena.ne.jp/takefumif

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 135人

もっと見る

開設日
2006年5月10日

3975日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!