mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 小山清茂

小山清茂

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月25日 22:52更新

作曲家小山清茂のコミュニティ。
なかったので作りました。

トピ立ては自由で構いません!どんどん情報交換しましょう!


小山 清茂(こやま きよしげ、1914年1月15日 - )

長野県更級郡信里村(現長野市)の出身。
生家は山深い里の農家で幼少期には西洋音楽に触れることがなかったという。

1933年長野師範学校卒業後、長野県内で教諭を務めながら作曲の勉強を行った。

1939〜43年、作曲を安部幸明に師事する。この間、1941年豊島区長崎第五国民学校に勤務し、東京都教員管弦楽団に入りフルート奏者を務めている。この時期に、同オーケストラの指揮を執っていた渡邊浦人と懇意となり、またオーケストラの機能を体得した。

1946年、第14回音楽コンクールに「管弦楽のための信濃囃子」を出品、第1位を獲得し、センセーショナルを起こした。

1950年、渡邊浦人、渡辺茂、平井康三郎、山本直忠、金井喜久子、石井五郎と「白涛会」を結成。

1956年、深井史郎、貴島清彦らと「新音楽の会」を結成している。前者は日本をテーマの中心に据えた音楽の創作、後者は民族語法を基本として新たな音楽の創造を目指す音楽グループである。

1969年からは神戸山手女子短期大学の教授を務めた。

1971年、中西覚と「たにしの会」を結成し、日本の旋法や和声の理論体系を研究、整理した。

1981年には柴田南雄らと尚美音楽短期大学作曲科の教授。

1986年には、国立音楽大学音楽研究所に奉職している。小山作品の特徴は、神楽や祭囃子をモチーフに日本情緒に満ちた温和な作風にある。勲四等瑞宝章。日本作曲家
協議会会員。


代表作

・管弦楽の為の木挽歌
・管弦楽の為の信濃囃子
・交響組曲「能面」
・管弦楽のための「鄙歌」第一番
・和楽器のための「うぶすな」
・音楽劇 「楢山節孝」
・オペラ「山椒太夫」
・イングリッシュホルンとウィンドオーケストラの為の音楽
・吹奏楽の為の「琴瑟」
・吹奏楽の為の太神楽
・吹奏楽の為の「おてもやん」
・吹奏楽の為の「もぐら追い」
・吹奏楽の為の「越後獅子」

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 34人

もっと見る

開設日
2006年5月7日

4097日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!