mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > アスピリン喘息

アスピリン喘息

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年9月22日 13:45更新

アスピリン喘息の方も、愛した人がアスピリン喘息だった、なんて方も「痛み」と「生死」を天秤にかけてしまった経験ありませんか?
みなさんの「アスピリン喘息生死体験談」や、「アスピリン喘息持ちにはこんなのがいいよ!」なんて情報交換をしませんか?

「はじめましてトピック」はこちらから
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=6553237&comm_id=873403

その他、きになることはどんどん広げて行きましょう!

◎アスピリンとは◎(百科事典より)
サリチル酸からつくられた合成医薬品のアセチルサリチル酸。サリチル酸は、古代ギリシャ人やアメリカ先住民が、発熱や疼痛をおさえるためもちいていた柳の樹皮の成分であった。ドイツの化学者フェリックス・ホフマンが、リウマチ疾患にサリチル酸をもちいていた父のすすめにこたえ1893年に合成することに成功した。

鎮痛効果にすぐれ、発熱、軽度や中程度の疼痛、関節炎その他の障害にともなう炎症に対しておもに使用されている。ときに胃腸管からの出血や、鉄欠乏性貧血(→ 貧血)をひきおこすことがある。長期間使用すると胃潰瘍(かいよう)をもたらすこともあるが、これらの副作用は、腸溶性(腸に到達するまでとけない)のアスピリンによってふせぐことができる。まれに、脳や消化管の障害をともなう、致命率の高いライ症候群をひきおこすことがあるため、水疱瘡やインフルエンザにかかった小児に投与してはならない。

アスピリンは炎症や発熱に関係するプロスタグランジンの産生をさまたげることによって解熱・鎮痛作用をあらわすと考えられている。抗血液凝固作用もあり、狭心症や心筋梗塞をおこす危険性を低下させるとされている。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 232人

もっと見る

開設日
2006年5月7日

4159日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!