mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > カント(Immanuel Kant)

カント(Immanuel Kant)

カント(Immanuel Kant)

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月30日 18:46更新

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、ドイツの思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者のひとりである。『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論 哲学の祖でもある。


生涯
イマヌエル・カントは、1724年、東プロイセンの首都ケーニヒスベルク(現ロシア領カリーニングラード)で、皮革工親方の三男として生まれた。生涯のほとんどをその地で過ごし没した。両親はルター派の敬虔主義を奉じていたため、カントはその濃厚な影響のもとに育った。1732年、ラテン語学校であるフリードリヒ校にすすんだ。1740年には、ケーニヒスベルク大学に入学する。当初、神学を志したが、ニュートンの活躍などで発展を遂げつつあった自然学に関心が向かい、哲学教授クヌッツェンの影響のもとライプニッツやニュートンの自然学を研究した。

1746年、父の死去に伴い大学を去る。学資が続かなくなったのに加えて、最近の研究では、クヌッツェンにその独創性を認められなかったことも大学を去る動機になったと推定されている。この時大学に論文(いわゆる『活力測定考』)を提出しているが、ラテン語でなくドイツ語であったこと、また学内の文書に学位授受についての記録が残っていないことなどから、正式な卒業ではなく中途退学に近いものであったと思われる。その後約9年間、主に家庭教師をして生計を立てる。

1755年、(正規に出版されたものとしては)最初の論文"Allgemeine Naturgeschichte und Theorie des Himmels"『天体の一般的自然史と理論』で太陽系は星雲から生成されたと論証した。この論文は印刷中に出版社倒産により極少数のみ公刊であった(1791年に抄録が、1797年に論文集に採録され、後にピエール=シモン・ラプラスの宇宙論とあわせカント・ラプラスの星雲説といわれる)。4月、ケーニヒスベルク大学哲学部に学位論文「火について」を提出し、6月12日、これによりマギスターの学位を取得。9月27日、就職資格論文「形而上学的認識の第一原理の新しい解釈」で公開討議を行い、冬学期より同大学の私講師として職業的哲学者の生活に入る。

1756年、恩師クヌッツェンの逝去により欠員が出た員外教授の地位を得るため、それに必要な二回の公開討議の第一回目の素材として「物理的単子論」を著す。4月12日に第一回目の公開討議が行われるが、プロイセン政府がオーストリアとの七年戦争を直前にひかえ欠員補充をしない方針を打ち出したため、員外教授就任の話は無くなる。1764年、ケーニヒスベルク大学詩学教授の席を打診されたが、カントはこれを固辞。また、1769年にエルランゲン、イェーナからも教授就任の要請があったが、遠隔地の大学だったせいか、それとも地元のケーニヒスベルク大学から既に非公式の招聘が来ていたせいか(後述するように翌年の1770年に教授就任)、これも断っている。

1766年『視霊者の夢』(エマヌエル・スヴェーデンボリの千里眼という超常現象について、基本的に激しく批判しているものの、その存在を認めるか幻覚であるか判断できないという感想も併記)を出版。

後年 カントはエマヌエル・スヴェーデンボリについて最終的にこう述べている。 「スヴェーデンボリの思想は崇高である。霊界は特別な、実在的宇宙を構成しており、この実在的宇宙は感性界から区別されねばならない英知界である、と彼は述べている」(K・ ぺーリツ編『カントの形而上学講義』から)。

他に幾つかの小著作を出版し哲学教師を続けていたが、1770年、カント46歳のときに転機が訪れる。ケーニヒスベルク大学から哲学教授としての招聘があり、以後カントは引退まで、この職にとどまる。就職論文として『可感界と可想界の形式と原理』(原文:ラテン語)を著す。前批判期のもっとも重要な著作のひとつで、後の『純粋理性批判』につながる重要な構想が述べられている。

大学教授としてのカントは、哲学のみならず地理学、自然学、人間学などさまざまな講義を担当した。話題は多様であっても、穏やかなカントの学者生活の日々は『純粋理性批判』の出版で劇的に変化した。彼は一気にドイツ哲学界の喧騒にみちた論争の渦中に入り込んだ。『純粋理性批判』はその難解さと斬新な思想の故に、同時代の読者に正しく理解されず、さまざまな議論が起こったのである。とくにバークリーの観念論と同一視して批判する者が多く、カントは小著『プロレゴーメナ』を出版して自身の哲学的立場を明らかにし、また『純粋理性批判』の前半部、超越論的演繹論を改稿した第2版(今日ではB版と呼ぶ)を出版して、誤解を解こうと努めた。

カントの当初の構想では『純粋理性批判』は単独でその批判の全貌を示すものになるはずであった。しかし構想の大きさと時間の制約により、理論哲学の部分のみを最初に出版した。残る実践哲学および「美と趣味の批判」は、後に『実践理性批判』および『判断力批判』として出版されることになった。これらを「三批判書」と呼ぶ。 カントは哲学的論争の渦中にいたが、その学者人生は順調であった。晩年にはケーニヒスベルク大学総長を務めた。しかしプロイセン王立ベルリン・アカデミーには、カントは招聘されなかった。

カントの構想では批判は形而上学のための基礎付けであり、それ以降の関心は形而上学へ向かった。またカントの哲学には道徳への関心が濃く、すでに批判のうちに表明されていた道徳と宗教および神概念への関心は宗教哲学を主題とするいくつかの著作へと向かった。

カントは三批判で表明された既成宗教への哲学的考察をすすめ『単なる理性の限界内における宗教』を著したが、これは当時保守化の傾向を強めていたプロイセンの宗教政策にあわず、発売を禁止された。カントは自説の正しさを疑わず、また学者同士の論争に政府が介入することには反対であったが、一般人が自由な言論によって逸脱に走る危険性を考慮して、この発禁処分を受け入れた。


 ケーニヒスベルクの奥津城1804年2月12日に逝去。晩年は老衰による身体衰弱に加えて老人性痴呆症が進行、膨大なメモや草稿を残したものの著作としてまとめられることは遂になかった。彼は最期に末期の水がわりに砂糖水で薄めたワインを口にし、「これでよい」(Es ist gut.) [1]と言って息を引き取ったと言う。当時のドイツの哲学者は、論敵をも含めてカントの死に弔意を表した。死去から半月以上経過した2月28日になって(真冬だったことに加えて遺体は水分が抜けて半ばミイラ化しており、埋葬を急がなくて済んだためという)大学葬が行われ、市の墓地に葬られた。その墓は現在もカリーニングラードに所在する。

引用元
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88





【検索用キーワード】

小浜逸郎 中島義道 永井均 柄谷行人 竹田青嗣 浅田彰 天野貞祐 小谷野 敦 中沢新一 埴谷雄高 西田 幾多郎 和辻哲郎 鷲田清一 土屋賢二 東浩紀 九鬼周造 田辺元 鶴見俊輔 福田恆存 池田晶子 三木清 木村敏 中村 雄二郎 梅原猛 鵜飼哲 西 研 山本義隆 小野寺 功 遠噺翁 合田正人 小阪修平 ボルノウ パース アラン カミュ シュタイナー  レヴィナス シジェク ラカン ガタリ プラトン ホッファー ホワイトヘッド ドストエフスキー ニーチェ バタイユ メルロ=ポンティ ドゥルーズ デリダ セール ベイトソン ウィルバー ウィトゲンシュタイン パスカル ボーヴォワール ソクラテス マルクス カント サルトル ヴェイユ アルトー フーコー スピノザ フッサール ヴィリリオ ポパー ヤスパース ビンスワンガー チョムスキー ヤコブソン ゲーデル ライプニッツ ラッセル アリストテレス ベルクソン ヘーゲル デカルト ヒルティ キルケゴール クリステヴァ バルト レヴィ・ストロース ショーペンハウアー ボードリヤール アルチュセール オルテガ クザーヌス マイモニデス ロック ヒューム ハイデガー スピノザetc

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 2942人

もっと見る

開設日
2005年1月7日

4348日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!