mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Trio Toykeat

Trio Toykeat

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年10月24日 00:03更新

Trio Toykeat のコミュです♪

北欧ジャズの代表選手 トリオ・トウケアット

このグループは、1988年に20歳だったピアニストでメイン・コンポーザのIiro Rantalaと18歳だったドラマーのRami Eskelinenによって作られました。その後で既にプロ活動をしていたベテランのベースプレイヤーEerik Siikasaariが加入してから、本格的な活動を始めます。そしてすぐにベルギーで開かれたHoilaart International Jazz Contestで優勝しました。そして今では、4枚のアルバムを出し、1200回の公演を経験しています。

 トリオ・トウケアットは、現在、最も世界で知られているフィンランドのジャズ・グループとなっています。フィンランドの大統領が彼らの大ファンでコンサートの常連だったりすることが、ユニセフのフィンランド公使(日本では黒柳徹子さんのような存在でしょう)に選ばれた理由かも知れません。

 今までの作品の中で彼ら自身が特に奨めるのは、3枚目のSisuと4枚目のKudosです。初期の2枚ではまだコマーシャルを意識した部分を含めていたそうですけど、近作になってきて本当に自分たちのやりたい音楽をしっかりと表現できるようになったと、"超テクのピアニスト"Iiroは云っていました。初期2枚でもテクニックの凄さは際だっていましたが、ピアノの演奏力は本当に群を抜いていてリリカルな曲調の中でリストがジャズをやったらこうなるのでは?と云う、超絶技巧テクニックを近作ではますます見せてくれます。
 いつも安定した演奏のドラムと、オーソドックスでありながら閃きのあるベース演奏とのコラボレーションは、演奏を見るたびに非常にスリルを感じさせます。それでいてとても温かく優しい雰囲気を、同時に感じます。

 昨年までの来日時点では、フィンランドで数千人のホールを満杯にするグループがライブハウスでたった数十人を前に真面目に演奏している姿に感動を覚えたものだったけど、2003年にはようやくちゃんとしたプロモーションで、ヨーロッパジャズのショーケースとなったコンサートに出演しました。コンサートは朝日新聞でも紹介されたし、日本のジャズファンへの本当に意味での正式なお目見えになったでしょう。
 トリオ・トウケアットのアコースティック・ジャズの演奏−特にピアノでは、2002年冬の来日時に見たステージが私のベストだったけど、今は2003年の演奏かな? 毎回ベストだと思わせてくれるグループなんでしょうね。それぞれの当日に撮影した写真をGalleryに掲載しますから、良かったらご覧になってください。(下記サイトより引用)

http://music.sky-sea.net/official/trio/index2.html

http://www.rockadillo.fi/triotoykeat/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2006年4月23日

4107日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!