mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > プリオシン海岸

プリオシン海岸

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年7月27日 12:21更新

 カムパネルラは、そのきれいな砂を一つまみ、掌(てのひら)にひろげ、指できしきしさせながら、夢のやうに云ってゐるのでした。
「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えてゐる。」
「さうだ。」どこでぼくは、そんなこと習ったらうと思ひながら、ジョバンニもぼんやり答へてゐました。
 河原の礫(こいし)は、みんなすきとほって、たしかに水晶や黄玉(トパース)や、またくしゃくしゃの皺曲(しうきょく)をあらはしたのや、また稜(かど)から霧のやうな青白い光を出す鋼玉やらでした。ジョバンニは、走ってその渚に行って、水に手をひたしました。けれどもあやしいその銀河の水は、水素よりももっとすきとほってゐたのです。それでもたしかに流れてゐたことは、二人の手首の、水にひたったとこが、少し水銀いろに浮いたやうに見え、その手首にぶっつかってできた波は、うつくしい燐光をあげて、ちらちらと燃えるやうに見えたのでもわかりました。
(宮沢賢治「銀河鉄道の夜」)

 地底の海、プリオシン。私は今、その海のようにとても心静かです。誰もそれと解らぬ所で時の流れが変わって来たような、そんな時代に生きている私達。うすうす気付いた時、浮かれた気分にも、沈む気分にもなれません。そこには踏み外すことの出来ないバランス感覚を要求されている、それでいて平凡な道が続くだけです。
 しかしその厳しくも平凡な道は、いつのまにか私達も未知なる大洋感覚へと導いてくれる筈です。そしてそれは、まゆらぎの先導する「孔雀の道」なのだといいます。
(細野晴臣)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 70人

もっと見る

開設日
2006年4月22日

4026日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!