mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > ■NQ :お友達を作る力!指数

■NQ :お友達を作る力!指数

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年2月26日 05:58更新

■IQ(知能)とEQ(心)の時代は終わった。
これからは、NQ(友達)の時代だ。

他人(いままでは知人ではなかった人)とのネットワーク
を、どれだけうまくつくり、運用しているかを計る尺度。
Network Quotientの頭文字で、「共存指数」
「思いやり指数」「ネットワーク指数」などと訳されるが、
まだ定訳となっていない。

韓国東国大学教授の金武坤(キム・ワゴン)の著書
『NQ人間を幸福にする思いやり指数』 から出たことば。

年功序列や終身雇用の崩壊に伴って出現するネット
ワーク社会では、自分より他人に気を配ることが大切で、
そうすることで自分も幸福になれるというのが、同書の
趣旨である。

著者が強調するのは、新しい人間関係の構築には、人の
ために何ができるかを考えるということ。それが知識、情報、助言を与えてくれる友人のネットワークをつくる第一歩である。

「エジソン」と聞けば、誰でも世界的発明王、しかも電球を
発明した人として世界中の人が知っていることでしょう。

でも彼の前に既に電球は発明されていたのです。
彼は電球を≪完成≫させたのです。また、彼がビジネス
システムをつくる天才でもあったことは意外と知られていないようです。

先に電球を発明した人達は、電球の商業的価値を周囲に
説明できなかったのですが、エジソンにはそれができたのです。つまり、お金儲けに結びつけるシステムを知っていたのです。彼には、ビジネスシステムの重要さを学んだ経験があったのです。(どんな経験?・・・)

エジソンは頭が悪くて学校を中退しています。そして列車の
中で菓子や雑誌を≪売る≫仕事についたのです。そこで
セールスのスキルを習得します。まもなく彼は、列車の後部
で自分の新聞を発行印刷しはじめ、少年を雇って菓子だけ
でなく自分の新聞をも売らせるようになったのです。

雇っていた少年の人数・・・なんと12人!
つまり既にビジネスオーナーを≪経験≫していたのです。

彼は列車での車内販売ビジネスに飽きて、次に経験したのはモールス信号を送る電信係の仕事です。そこで彼は電線・電柱・中継所という≪電信システム≫のことを知り、勉強することになります。

そして、ビジネスの成功にはシステムが必要という重要性を
知っていた彼は、電球に電気を送る発電所も作ってしまうのです。

■発明は、誰にでもできる。
  それを事業化することのほうが、ずっと難しい
                  by エジソン

■普通の人は、仕事を探すが、
  お金持ちはネットワーク(=人脈)を探す
                 by ロバート・キヨサキ

ビジネスはアイディアだけではうまく行きません。
それを商売にする・お金が入ってくるシステム(仕組み)の構築が必要なのです。

システムの従業員になるか、システムのオーナーになるかが・・・「ターニングポイント」です。

エジソンは
ビジネスシステムのオーナーになるまでに、このような
≪経験≫をしてきたことが、成功のカギになったことでしょう。

NQは、私個人的には、わかりやすく
お互いが「Win Win」になれる、お友達(=人脈)をつくるチカラ指数、と思っております。

自分からの働きかけだけでは難しいでしょう。
この人(あなた)と仲良くなりたい、親しくしたい・・・と
思ってもらえることも重要。

あなたのNQ指数は、どのくらいですか?

このMIXIも有効活用できているかどうかも
自分的には、NQ指数に関係すると思います。

■NQ指数をあげたい人ぉ〜集まれぇ〜

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 21人

もっと見る

開設日
2006年4月21日

4233日間運営

カテゴリ
ビジネス、経済
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!