mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 出会い系被害者の会

出会い系被害者の会

出会い系被害者の会

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年10月14日 22:19更新

出会い系の中でも、特に、恋愛詐欺・結婚詐欺など、恋愛感情や結婚願望をちらつかせてお金をだましとる事件に巻き込まれた方のコミュです。

「こんなふうにだまされたので、注意してください」という、すでに被害者の方

「出会い系で会ったひとにこんなふうに言われた。あやしい?」という、被害前のひと

情報交換をしてください。


なお、恋愛詐欺・結婚詐欺については以下のような、解決が難しい点があります。

・相手の仕事先が、申告されたものがどうか分からない。

(「大手に勤めてる」と言うが、証拠はない。「証拠をみせて」といったり「会社はどの駅?」と問いつめると「信用していないの?」「信用しないなら、もうつきあわない」という態度を見せられたり、見せられるかも・・・と気にして、結局わからないまま、なんとなく信じてしまう)

・「好き」いう恋愛感情は、ひとをおろかにする

「恋愛をしながら、賢くあることは難しい」という名言がありますが、詐欺師相手に恋愛をしてしまうと、「好き」という感情のため、相手のいいなりになってしまいます。その心理は・・・

1)お金を要求されて断ったら「別れる」と、好きなひとにふられる恐怖感から逃れたくてお金を出してしまう

2)詐欺師は、カモに対して気分をよくさせます。(だましとったお金の一部で、ごはんをおごる。プレゼントをする。あるいは言葉、親切な態度、SEXなどで気分をよくさせる)
人間は「借りたものは返さないと」とおもう、”返報性の心理”をもちます。
そのため、詐欺師に何かいいことをしてもらったら、お返ししなきゃ・・・とおもい、お金を要求されたら「あげなきゃ」とおもってしまうのです

3)恋愛相手の不審な言動には、自分の都合のよい解釈をしてしまう
詐欺師は、第三者からみたら、あきらかに不審な言動があります。(連続して、身内に不幸が出たり、事業をはじめる資金をもらってもなかなか始めなかったりなど)
しかし、詐欺師に恋愛感情をもつと「連続して不幸になって大変だね、私が助けてあげれば、もっと私のこと好きになるかな」「なかなか事業はじめられないなんて、たぶん、よほど大きな計画なはず」と、都合のいい解釈(じぶんへのいいきかせ)をし、結果としてお金を出してしまいます。

また、自分のその解釈が正しいとおもっている(おもいたい)ので、友人が「やめなよ」と制止しても、友人の話がうけとめられません


4)事件発覚後、訴えるための証拠がない。

裁判にせよ、金銭を返還させるにせよ、すべて、証拠や証書がなければ話になりません。
しかし、恋愛相手に「お金出すけど、念書を書いて」とか、たとえば詐欺師のためにお金を作るために自分のカードでキャッシングしたとしても、そのキャッシングの使用目的が詐欺師のためだったという証拠も残りません。
ですから、だまされたとしても裁判にもかけられないし、返還をもとめる個人的な訴えもできません。

5)詐欺師が無職なら、お金はどうやっても戻らない

もともと詐欺師が「返すから」という借金のかたちで金銭をうけとったとしても、返すあてもない無職だったら、振れる袖がないわけです。
詐欺師の親兄弟には、詐欺師が未成年でない限り返還義務はありません。
誰にも出してもらえないのです。

詐欺師がサラリーマンなら、法的な文書(念書や借用書)があれば、法的に給料からおさえたりできますが、詐欺師なんていうのは、まともに働かず不法な手段であちこちから汚いお金を集めて生きている輩ですから、それも期待はできないでしょう。

また、もし正社員であっても、どこの会社かはっきり把握できなければいけません。裁判所は、詐欺師の仕事先を確認してくれませんから。



6)詐欺師が住所不定なら、雲隠れされる

詐欺師がたとえば、自称マンションずまいでも、実際に住所不定の詐欺師であれば、都合がわるくなればあっというまに雲隠れされます。
どこにいるかわかっていれば、もし法的な文書(念書・借用書)があれば、それを送り付けられますが、住所がなければ、書類を送付することすらできません。

裁判所は、詐欺師の住所を探してはくれませんから。

7)警察は民事不介入なので、力を貸してくれない

警察は、たとえば、株の売買の詐欺や、あやしい●●商法・・・といった、社会的な明らかな詐欺は事件として捜査・逮捕します。
しかし、個人間の金の問題は、「民事不介入」のため、何も助けてくれません。

相手の居場所を探したり、とっつかまえて念書を書かせて、お金を返させることもしてくれません。

むしろ「ネットなんてあやしいところで出会うから」「勉強代ですね」「貸したものはかえってこないと判断してしたことでしょう」と、二重に傷つけられるのが関の山です。(管理人体験談)

管理人は、いろいろな交番をめぐって、助けをもとめまして、ひとりだけ話をきいてくれたひとはいましたが、やはり民事不介入で、アドバイス程度をもらったのみで、実際に助けてはいただけませんでした。
(ちなみにその刑事の方は、若いころ知り合いの年上の男性を信用して銀行で借金までして何百万が貸したものの、ほとんど返してもらえず十数年。しかもその相手はどこに住んでいるかわからず、携帯電話しか知らないという状況。携帯まで不通になったらお金がもどらないとおもうと怖くて、強くお金の返済をもとめられない・・・そんな状況だとうち開けてくれました。刑事でさえこんな状況です。個人間のお金はどうしようもない。)

8)万が一、詐欺師が逮捕されても、お金はもどるわけではない

詐欺師が逮捕され、長い裁判をへて、実刑で禁固刑になるとしても、税金でタダメシを食べて過ごし・・・それで数年がたち、シャバにでたあとに、被害者にお金を返すとはきまっていません。このご時世、そう簡単に仕事がみつかるわけもなく、また日雇いの仕事をしても、詐欺師は心根が腐っていますので、自分の食い分が減ってでも返すなんていう誠実さは期待できません。
その程度の人間に、数百万単位のお金を返せというのは夢のような話です。

9)恋愛詐欺、結婚詐欺救済をうたった探偵・法務事務所にさらに詐欺に・・・


ネットには「恋愛詐欺・結婚詐欺」でだまされたお金を取り戻すことをうたった、法務関連事務所がありますが、手付金や、詐欺師の所在を探すための追加料金が法外にどんどんとふやされ、結果が出ないまま「労務分」としてさらにお金をだましとられるケースがあります。
結果が多少でても、7割以上手数料でとる・・・などもありうるのです。

管理人も、電話で問い合わせたところ、「そういったことはプロでないと解決できません。手付金は〜円です」と、いきなりふっかけてきて「そんなお金ないんです」といったら、あっけなく切られました。カモ以外に用はないってことでしょう。

こうした業者は、ひとの弱みにつけこみます。弱っていると、恋愛中とおなじように、善悪の判断がにぶります。二重に詐欺にあわないことも大事です。

10)国内だけでなく国外の出会い系も注意

TVでもニュースになっていましたが、海外の異性とネットで出会う場も増えました。一方
「あなたに会うために出国したいけど、保証金がないから振り込んで」「お金がないと、強制返還される」といった内容でだましとることもあるようです。

また、こうした詐欺師は国籍を、自分の顔つきで無理のない範囲でイメージのいい国に変更します。
「その国、悪い話はあまり聞かないから信用しよう」と思わせるのも手口です。
(ちなみに管理人は自称スペイン人の詐欺師に遭いました。事件発覚後ペルー人だと判明。)



以上のような内容以外にも、実際に被害にあわれた方のエピソードなどお知らせいただければ幸いです。
これ以上、詐欺師がのさばる社会を野放しにするのはやめましょう!

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 43人

もっと見る

開設日
2006年4月20日

3882日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!