mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > THE NIGHT LAND

THE NIGHT LAND

THE NIGHT LAND

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年11月24日 15:44更新

深淵のホラー作家、ウィリアム・ホープ・ホジスンの最高作品「ナイトランド」のコミュニティです。

===================================
物語は主人公(名前は与えられていない)が、ミルダスという最愛の女性と出会い、結婚するものの、まもなく彼女を亡くすところ所から始まる。当然のように打ちひしがれる主人公は、生きる希望さえ失くしかけていたが、ある夢を見るようになってから再び生きる気力を取り戻し始める。それは夢というよりも、確かな記憶のようなものだった─そう、遥か百万年後の未来の、「ナイトランド」の記憶だった。物語は、彼の口を借りて、その驚くべき未来の姿を語り始める・・・。

遥か未来の地球、そこはすでに太陽が死に絶え、世界は妖怪や怪物が跋扈する恐怖の世界、「ナイトランド」に変貌していた。世界がこのようになったのは、古い科学が暴走したため、地球を守っていた磁場が破れ、異世界からの邪悪な存在の浸入を許したからだという。生き残った僅かな人々は、地上8マイル、地下100マイルという、巨大な「ラスト・リダウト」というピラミッドを建設し、「サークル」と呼ばれる防護チューブに守られながらそのエネルギーが枯れ果てるまでの、永遠の終わりを生きていた。そこに住む人々は誰も、世界はその「ラスト・リダウト」のみだと信じていたが、ある時、「未来で目を覚ました」主人公は、その身に備わっている「夜の耳」という特異な感覚で、もう一つの「ピラミッド」からの声を聞く。それは、彼の心を激しく揺らす声だった。その声の持ち主「ナーニ」こそが、かつて遥か昔に彼が失った妻「ミルダス」の生まれ変わった姿だったからだ。彼はその声から、「ナイトランド」の果てにあるもう一つのピラミッドのエネルギーが枯れ、まさに死のうとしているという事を知る。この時代でエネルギーが枯れるという事は、すなわち死を意味する。彼はその声に、単身恐るべき「ナイトランド」の彼方へと旅立つ事を決意する。愛する女性と、そのピラミッドに残された人々を救うために・・・。

===================================
解説
ナイトランド(The Night Land - A Love Tale)初版は、ロンドンのEveleigh Nash社から1912年に出版された。出版契約は1911年7月19日になされ、最初の700部以降から売り上げの25%が印税として渡されることになっていたという。また、この本には特装版(Presentation Binding)が存在するらしい。1920年頃には、一部削除の上、再刊された。また、オリジナル版が出版された年に、G.Bell &Sons社から、海外植民地版も出版されている。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2005年1月2日

4357日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!