mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 農業食料政策論研究室

農業食料政策論研究室

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2010年10月5日 12:09更新

週6回くらい飲み会を開いているともっぱらの噂の
明治大学農学部農業経済学科
農業食料政策論研究室(橋口ゼミ)のコミュニティです!

現役生、OB・OG、入室希望者、学科関係者、橋口先生の友人・知人、その他関係者の方はご参加ください。

橋口卓也講座 農政学研究室 農業政策論研究室
ゼミの後に飲もうの会 ゼノンの会
チョコレートと大学は明治 若い頃は弥生でブイブイ
弥生時代から明治時代へ

ホームページがあります。
http://www.isc.meiji.ac.jp/~nosei/


地域農業問題に光
明治大学農学部専任講師 橋口 卓也さん(39) 神奈川県川崎市

 初めての単著となる「条件不利地域の農業と政策」(農林統計協会、3990円)を出版した。農業生産の条件不利性について「水田傾斜分級」という概念を設定。大分、秋田、新潟といった地域を例に挙げながら、統計と実態分析で、問題点を浮き彫りにしている。
 「政策が有効に機能している地域もあるが、過疎・高齢化でその政策さえも受け入れられない限界集落も存在する。ただ古里を守りたいという運動は確実に広がっている」。集落消滅の危機などの問題を抱えた中山間地域を支援する「中山間地域フォーラム」事務局の一員でもある。300人を超える産官学のネットワーク組織。期限切れを控える過疎法や生産条件が不利な中山間地域などに対する「直接支払い制度」に対して政策提案を行う予定だ。
 加治木町出身。鶴丸高校を経て東大では農業経済学科に進んだ。最近、東京一極集中のせいか、講師を務める明治大学も首都圏出身者が多いという。都会っ子に対して「地方の知恵を学んで」と多様性の大切さを説く。酒を愛し、世界と日本のビールの空き缶収集が趣味だ。

(『南日本新聞』2008年3月23日)

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2006年4月16日

3933日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!