mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 鞍馬の火祭り!

鞍馬の火祭り!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年12月24日 22:01更新

鞍馬に生まれた男の命!

由岐神社に祀られている、由岐大明神と八所大明神という二つの神様を氏神様として鞍馬の住人は生活しており、鞍馬の火祭りはこの由岐神社の祭礼。

天慶3年、朱雀天皇によって、御所から平安京の北の守り神として鞍馬に由岐大明神が神道具や多くの人々と供に移って来られた、この国家の一大行事を鞍馬の住人が賀茂川でとった葦で作った松明に火をつけてお迎えした様を後世に伝えたのが始まり。
由岐大明神も元々御所に祀られていたすごい神さんですが、特に八所大明神は日本でも有数のとてつもなく位の高い、なぜこの小さな村に祀られていたのかが不思議なほどすごい神様です!
小さな村の神社のようですが、この神社は数々の長い歴史をもつ、ものすごく由緒がある神社であるのです。

また、由岐神社のある鞍馬山には鞍馬寺というお寺もあり、日本の数ある祭りのなかでも珍しく、この祭りには歴史の中で神社とお寺、神と仏が関わりあった祭りなのです。


今の松明はツツジでできており、大きなもので100キロを越すほど大きく、これを本当は1人で持つものだが現在は2人で持つのが基本。
この松明は甲斐性松とも呼ばれ、どれだけ大きなものを作り、持つかで甲斐性を他に見せるという一面もある。

そして、ただ火を持って歩くのではなく、下から神さんをお迎えするという故事にちなんでおり、諸礼という仲間同士の挨拶をして合流し、徐々に大きな行列になって山門前に集まるものであり、これはすべて神事であり、決して見世物ではないのです!
前出の仲間についてだが、これは当時の職業などによって決められたもので基本は世襲制であり、中には直系長男という一子相伝の仲間もある。


昔のままでは続ける事が困難な為、徐々に様変わりをしてはいますが、大まかな流れはそのまま受け継いでおり、これからも絶対に絶やしたり、名を汚す事のないよう受け継ぎ、そして伝えていきます!!

分からない所はだいぶ調べて書きましたが、間違った内容ももしかしたらあるかもしれませんが、分かり次第訂正します!この他にもまだまだ色々なことがあるのですがまずはこれぐらいで^^

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 51人

もっと見る

開設日
2006年4月5日

4272日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!