mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 大同楽座(だいどうらくざ)

大同楽座(だいどうらくざ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月20日 07:40更新

※現在、大同楽座の利用は停止しています(2011年1月末)

■大同楽座とは?
 2006年3月に、それまでセルフリノベーションしていた旧大同医院の呼称を改変して命名しました。大同楽座は、膝を突き合わせて気楽に気軽に集える「まちのたまり場」として、週末の尾鷲を楽しむために日々進歩しています。

■大同楽座での主な活動
 活動拠点としている、大同楽座のセルフリノベーションを継続しながら、2006年4月からは、東紀州コミュニティデザインセンター(HCD)がその趣旨を引き継いで運営と活動を始めています。

2005年
 06月 はじめて足を踏み入れる
 06月 イベント「沖縄サンシンライブ」
 09月 旧大同医院の管理をHCDがすることになる
 11月 イベント「大同医院博覧会」
 12月 本格的なセルフリノベーションを開始

2006年
 01月 イベント「大同医院ぶち壊して再建築!?」
 03月 イベント「大同医院」
 04月 旧大同医院を「大同楽座」と命名してスタート
 06月 長屋Dに「HCD事務局」が入居
 06月 長屋Bに「ゆきんこ硝子工房」が入居
 06月 毎月第1土曜日の「尾鷲イタダキ市」に参加
 06月 第1回「大同楽座楽市」を主宰
 10月 08年12月までの賃貸契約を締結
 11月 母屋2階を「プロジェクトCReAM」が入居
 11月 長屋Aに「ステキ工房オワセ」が入居

2007年
 03月 母屋1階で毎月第4水曜日の「食持会」を開始

2008年
 08月 外観のセルフリノベーションがおおかた完了
 05月 長屋Cに「アトリエ37」が入居
 09月 大同美化委員会が発足
 11月 レンタル用空きスペースを2つ確保(長屋E、2階C)
 12月 大同楽座の内部のセルフリノベがおおかた完了
 12月 長屋Dの「HCD事務局」が、長屋Eに移動
 12月 09年12月までの賃貸契約を締結

2009年
 01月 長屋Dに「リラクゼーションプシュカ」が入居
 02月 大同楽座母屋玄関からを土間に
 06月 母屋2階Cに「和花」が入居
 07月 長屋Dの「リラクゼーションプシュカ」が退去
 09月 母屋2階Cの「和花」が退去
 12月 大同楽座楽市が第43回目で活動停止
 12月 長屋Bの「ゆきんこ硝子工房」が退去

2010年
 01月 10年03月までの賃貸契約を締結
 02月 母屋2階Aの「プロジェクトCReAM」が退去
 02月 長屋Aの「ステキ工房オワセ」が退去
 02月 長屋Cの「アトリエ37」が退去
 03月 長屋Eの「HCD事務局」が退去、電話を廃止
 04月 大同楽座の整理を開始
 05月 大同楽座の整理を本格化
 05月 イベント「大同楽座ガレージセール」
 06月 善根宿として無料開放をはじめる(熊野古道歩き旅など)
 08月 大同楽座の整理がほぼ完了

2011年
 01月 電気と水道を廃止、完全撤収(大同楽座の名前だけは継続)

 この他には、バックパッカーやツーリングなどで尾鷲に立ち寄った旅行者が、24時間まで1,000円の設定料金で利用しました。この中には、「大同楽座を時間レンタルで利用したい」と指名して、四日市からやってきた人もいました。
 また、11月には、まち並み調査にやってきた筑波大学大学院の研究チームが、昼食会場として利用するとともに、外観や周辺を始め、建物内を調査しました。

■大同楽座としての定期的な活動
 HCDが事務局となり、大同楽座を拠点とした定期的な活動を行っています。

 毎月第1土曜日 尾鷲イタダキ市への参加
 毎月第3日曜日 大同楽座楽市の主宰…第43回目開催で活動停止
 毎月1回程度  大同楽座通信を発行…第42号で発行停止

■大同楽座のセルフリノベーション
 昨年4月以降、母屋2階壁の補修作業、長屋Cの整理整頓、倉庫群の整理整頓、母屋便所の実用的な改装などをはじめ、定期的に清掃と、屋根瓦の点検・簡易補修などを行っています。

■大同楽座のメディア露出度
 地元新聞には、毎回のように楽座楽市の告知が掲載されます。中日新聞には、楽座楽市の様子だけでなく、ステキ工房オワセのリノベーションなども紹介されました。雑誌では、Edgeや伊勢人などでも紹介されました。FM三重の東紀州情報でも、たびたび紹介されます。

■平成の善根宿のお知らせ
 バックパッカーやツーリングなど、尾鷲市内で野宿場所を探している場合は、遠慮なくご一報下さい(0597-22-5554)。多少の制約はありますが、平成の善根宿的場所を紹介します。とくに、熊野古道伊勢路踏破の方は、八鬼山峠の前には、尾鷲で静養するのが昔ながらの風習です(おそらく)。

■連絡・お問い合わせ先
東紀州コミュニティデザイン
 事務局 
 〒519-3615 尾鷲市中央町7-1 大同楽座
 電話:0597-22-5554

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 31人

もっと見る

開設日
2006年3月31日

4104日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!