mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 山口良忠

山口良忠

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年3月30日 15:36更新

この人の生き方に、共感する人、関心のある人、考えさせられる人、語りましょう。

ウィキペディアより

山口良忠(やまぐちよしただ、1913年11月16日 - 1947年10月11日)は東京地裁の判事。佐賀県出身。太平洋戦争の終戦後の食糧難の時代に、闇米を拒否して食糧管理法に沿った配給食糧のみを食べ続け、栄養失調で死亡した事で知られる。史料によっては誕生日が1月10日と記されている事もあるが、それは誤りである。

1913年、現在の佐賀県杵島郡白石町に、小学校教師の長男として生まれる。京都大学を卒業後、高等文官司法科試験に合格し、判事となる。1942年に東京民事裁判所に転任後、1946年10月に東京区裁判所の経済事犯専任判事となる。この部署では、主に闇米等を所持していて食糧管理法違反で逮捕された人物の担当を行なっていた。

食糧管理法違反で逮捕された人々を担当し始め、配給食糧以外に違法である闇米を食べなければ生きていけないのにそれを取り締まる自分が闇米を食べていてはいけないのではないかという思いにより、この時から闇米を拒否するようになる。

山口判事は配給のほとんどを2人の子供に与え、自分は妻と共にほとんど汁だけの粥などをすすって生活した。義理の父親・親戚・友人などがその状況を見かねて食糧を送ったり、食事に招待するなどしたものの、山口判事はそれらも拒否した。次第に栄養失調に伴う疾病が身体に現れてきたが、「担当の被告人 100人をいつまでも未決でいさせなければならない」と療養する事も拒否した。しかし1947年8月27日に地裁の階段で倒れ、やっと故郷の白石町で療養する事となる。同年10月11日、栄養失調に伴う肺浸潤(初期の肺結核)のため33歳で死去した。

死後20日ほど経った11月4日に、山口判事の死が朝日新聞で報道され、話題を集めた。

山口良忠と矩子
http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/F1/proftakeda/iihanashi/4/index.htm

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2006年3月29日

4017日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!