mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > デザイナーtord boontje

デザイナーtord boontje

デザイナーtord boontje

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロダクトとアート(工芸?)の境界線を行く
希有なプロダクトデザイナー

トード・ボーンチェ
Tord Boontje(Industrial Designer)

1968年オランダ生まれ。
91年オランダのデザインアカデミー卒業後に渡英。
94年にRCAを卒業し、以降は自主制作を続けながらハビタ、スワロフスキー、オーセンティクスから作品を発表。

ボーンチェのインタビューから
「家の中のすべてのものが、直線的なラインの現代風デザインに統一されていたら、美しいかもしれないけれど冷たくつまらないと思いませんか。普通の人は、ショールームのようなところでは生きられないでしょう。私は、所有者が持つことを誇りに感じてくれるようなオブジェを制作したいと常に思っています。どこかロマンチックで、どこか遊びの要素のあるデザインが好きです。
スワロフスキーの光輝くクリスタルを眺めていたら、冬の夜、木々に霜が降り、翌朝凍っている光景が思い浮かびました。そこから発展して、妖精の物語をモチーフにした製品ができ上がったのです。
多くのデザイナーは、クラフトという言葉の持つ泥臭さを嫌います。しかし、美術館に展示してある調度品を見てください。クラフトは、何世紀という時を経ても、官能的に私たちの目を楽しませてくれるだけでなく、どのようにモノがつくられているかを教えてくれます。昨今の技術発展が、より官能的な現代のクラフトを生み出し、マスプロダクション化をも可能にしているのです。
人々からクラフト寄りのデザイナーと呼ばれる私ですが、実はRCAでインダストリアルデザインを専攻しました。私自身はオブジェとその環境の文脈を考察するインダストリアルデザイナーだと思っています。 」

公式ページ
http://www.tordboontje.com/

開設日
2004年12月20日
(運営期間4300日)
カテゴリ
その他
メンバー数
2732人
関連ワード