mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 【DEATH CAB FOR CUTIE】

【DEATH CAB FOR CUTIE】

【DEATH CAB FOR CUTIE】

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月12日 19:52更新

デスキャブが大好きな人たちが集まれるコミュニティです。
デスキャブ好きなら誰でも参加OK!!です。みんなでデスキャブを語らおう。
Death Cab For Cutieは、1997年の秋、シアトルの北に位置する小さなカレッジ・タウン、ワシントン州ベリンガムに住む音楽好きな4人により結成されました。

"Death Cab For Cutie"(以下,DCfC)という様々な意味としても捕えることのでき得るバンド名の由来とは、 "Beatls"の映画"Magical Mystery Tour"のシーンの中でかかる"Bonzo Dog Bands"の曲のタイトルに因んでつけらたそうです。

彼らは、カセットの音源による"you can play these songs with chords"を地元Elsinor Recordsからリリースし(その後、BarsukがCDで再リリース)その後Barsuk Recordsに在籍し、ツアーと作品の質だけで、USインディーズ・ロック・シーンで圧倒的な支持を広げてきました。
また、レーベルメイトとの活動やその他アーティストとのサイド・プロジェクトも盛んに行うコトでも名を高め、フロントマンのBenはUSのエレクトロニカ・アーティスト、DNTELことJimmy Tamborelloとのコラボレーション・ユニット"The Postal Service"で、"GIVE UP"をSub Popよりリリースし、Nirvana以降の Sub Pop作品として、セールス的にも大きな成功を収めました。
また、Chrisは"The Velvet teen"のデビュー作品"Out of the fierce parade"をプロデュースしたりと、彼らが連携を成してバンドに持ち帰る影響力がDCfCのフィルターを通した形で、昨今の作品にも反映がされているコトは大変興味深いことです。

そして、彼らは2005年夏開催のサマーソニックにも出演。
同時期にAtrantic Recordsと契約した彼らは、2005年 9月21日に待望の5枚目のニューアルバム"Plans"をリリース。翌週のビルボードでは全米4位にチャートインするという快挙を成し遂げました。
インディーからメジャーへの移籍を「自分たちの新たな挑戦を課したかった」と力強くその決意を語る彼らの姿は、かつてのR.E.M.を彷彿させ、同時に8年間所属してきたBarsuk Recordsへの敬意を決して忘れてはいません。 そのようなバンドの大きな変革の時を映像に収めたDVD"Drive well, sleep carefully" (国内盤:ナウオンメディア)もリリースされ、現在最もメディアが注目しているDCfC!いつまでも記憶の隅に追いやられることなく、一生付き合ってゆきたいと思う、まさに世界で最もキュートなバンド、それがDeath Cab For Cutieなのです。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 440人

もっと見る

開設日
2006年3月24日

3909日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!

オススメゲーム

チケット情報

チケット

Death Cab for Cutieのチケット

チケット出品&リクエスト受付中

人気コミュニティランキング