mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 世界子ども水フォーラム

世界子ども水フォーラム

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年9月2日 10:22更新

===================================================

                子ども水宣言


  愛と平和と調和の名のもとに

私たち、世界の32ヶ国から参加した109人の子どもと若者は、子ども、水、衛生、衛生習慣に関する計画、立案、実施、評価の事業について、 政策決定者の支持を求めます。私たちは、意志決定者が「子どもの権利条約」にしたが って、子どもと若者の参加を保障し、子どもと若者の健全な発達と福祉のために安全な 環境を作り、子どもと若者の参加、保護、生存、発達を確保するよう求めます。そして 私たちはつぎのことを主張します。


【政府は、次の義務を負っています】

* 子どもと若者が、水の入手、安全、保存、使用を含む、家庭での水の確保に関する事業や課題について、計画から実施、評価までの意思決定や政策決定の過程に子どもと若者の関与を確保する。
 
* とくに女の子が学校を中途退学しなくていいようにするために、水と衛生の施設を改善する。また、学校での水と衛生のために十分な予算を配分する。武器への投資を学校での事業や子どもにやさしい施設を支援するための予算に再配分する。
 
* 子どもと若者と協力して、NGO(非政府組織)や政府、自治体、私企業、報道機関とのパートナーシップを強化して、学校での事業と子どもにやさしい施設を強化する。
 
* 先進工業国と開発途上国の間で、家庭での水の確保に関する情報、技術、経験を自由に交換し、共有することを奨励する。
 
* 緊急事態の際に社会基盤や基礎サービスを強化するための準備措置を取り、緊急時に意見や支援を交換できるように子どもと若者を訓練する。
 
* 水の使用と衛生に閑する子どもと若者の意見や異なった文化を尊重すると同時に、子どもと若者が遊ぶための安全な水辺を提供する。
 
* 男の子、女の子、教員、親、地域のリーダーなどのために、多様な水の使用に関連した課題について、子どもにやさしい強力な環境教育を堆進する。
 
* 飲み水と衛生施設の利用に影響をおよぼす、水と環境に関する子どもと若者のプロジェクトや活動を支援する。


【私たち子どもと若者は約束します。】

* 水、衛生、衛生習慣に関する活動を地域や国内で、そして、国際的に行うために行動を起こすことを目指して、子どもと若者のグループやクラブ、組織、ネットワークを作る。
 
* 水、衛生、衛生習慣の保全に関する仲間同士の学習や子どもから大人への教育のために若いファシリテーターとしての責任を果たす。
 
* 子どもにやさしい参考資料を作成し、利用するとともに、寸劇や詩、絵、ウェブサイトなど、子どもの仲間同士の学習のための教育手法を使って、環境や水、衛生の問題についての意識を高める。
 
* 農村と都市で、また、地域社会で、水と衛生の施設を改善するよう政策決定者に働きかけて、女の子が学校を中途退学したり、恥ずかしい思いをしなくていいようにする。
 
* 子どもが運営する水と衛生プロジェクトや他のイニシアティブの計画、実施、評価に参加する。
 
* 水、衛生、衛生習慣に関する子どもと若者のグローバルな同盟を作る。

===================================================

          Children’s Water Manifesto


  In the name of love, peace and harmony -

We the 109 children and young people of the world representing 32 countries, pledge to seek the support of decision makers in planning, designing, implementing and evaluating programmes related to children, water, sanitation and hygiene. We want the decision makers to guarantee the participation of children and young people, according to the Convention on the Rights of the Child (CRC), to ensure the participation, protection, survival and development of children
and young people through promoting a safe environment for their healthy development and well being. We assert the following:

>Governments are obliged to:

* Ensure that children and young people are involved in the decision making and policy making processes beginning from the planning through implementation and evaluation of house hold water related programmes/issues, including access, safety, conservation, and use of water.

* Improve water and sanitation facilities, particularly for girls so that they can stay in schools. Therefore allocate sufficient budget for water and sanitation programmes in schools.Reallocate investments on armaments as budgets to support school programmes and child friendly facilities.

* Strengthen partnerships and cooperate with children and young people with NGOs, government, municipalities, private companies and media to strengthen school programme and child friendly facilities

* Encourage free exchange and sharing of information, technology, and experiences across developed and developing nations, specific to household water security

* Take preparatory measures towards strengthening the infrastructure and basic services during emergencies and train children and young people to exchange ideas and support during emergencies

* Respect children and young people’s opinions and different cultures in relation to water use and sanitation, as well as provide safe water areas for children and young people’s play

* Promote strong environmental child-friendly education on issues related to diversified water use for boys, girls, teachers, parents and community leaders.

* Support children and young people’s projects and activities relating to water and the environment that affects the access to potable water and sanitation.

>We as children and young people pledge to:

* Establish action groups, clubs, organizations, and networks of children and young people for activities on water, sanitation and hygiene - locally, nationally and internationally.

* Be responsible for peer to peer education as young facilitators and child to adult education on conservation of water, sanitation and hygiene.

* Develop and use child-friendly resource materials and use child peer education methods like drama, poetry, drawing, web sites, etc. to create more awareness on environment, water and sanitation issues.

* To work with decision makers to promote better water and sanitation facilities at schools in rural and urban areas and in the community so that girls do not drop out of schools or face abuse.

* Be involved in designing, implementing and evaluating child managed water and sanitation projects and other initiatives.

* Form a Global Children and Young People’s Alliance on water, sanitation and hygiene.

===================================================

CHILDREN’S WORLD WATER FORUM,
Children and Young people’s Statement, March 2003

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 30人

もっと見る

開設日
2006年3月17日

4056日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!