mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 中川圭一

中川圭一

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月7日 22:53更新

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」に登場する中川圭一のコミュです!

コミュの方針は決まってませんが、とりあえず中川圭一が好きな方は集いましょう^^


            −人物紹介−
誕生日は12月24日で血液型はO型。身長185cm・体重65kg前後。
スーパービジネスマンである父の龍一郎と、ピアニスト・女優である母の小百合の長男として東京都で生まれる(妹に登志恵がいる)。中川家は、戦前から財閥として名を馳せており、幼少時代からベビーシッターに囲まれながら非常に恵まれた環境で育った。16歳まではニューヨーク郊外の父の別荘で過ごすこととなる。

徹底した英才教育を受け、7歳でハイスクール教科をすべて修了してしまい、200人以上のコーチに様々なことを教えられたが故に音楽や美術など芸術的な感性も豊かになる。また、子供の頃から自宅のレーシングコースでは毎日練習していて、8歳でフェラーリの四輪ドリフトを完成させるほどである。年月が経っても衰えを見せないプロ並みの運転技術はこの頃の経験がもととなっていると考えられる。

日本に帰国した圭一は日本の大学に入学するが、そこでも人気の的であり、学園祭ではバンドを組み女子にもチヤホヤされ、また「エレキの若大将」とよばれるほどであった。大学卒業後は、カーレーサー、ファッションモデル、デザイナーと一人で三役をこなしていたが、どういうわけか家族が決めた就職先をあっさりことわり警察学校に入学してしまい、卒業後に公園前派出所に配属された。


             −登場履歴−
初登場は、原作は第1話(第1巻1話)、アニメは第2話。レギュラーキャラで両津勘吉以外で唯一初回から登場している(寺井は名前しか登場していない)。ロシアンルーレットで死亡した(単行本の台詞改訂により「マヨネーズの一気飲みが得意だった」に変更されている)松本という警官の後任という設定で初登場、タクシーに乗って登場し、運転手に札束をポンと投げて渡す、いかにもお金持ちのような登場の仕方であった。また、両津と『ダーティーハリー』の話に盛り上がった末、「ねらいをさだめ・・・」派出所の前にいたライトバンに向けて実弾を発射してしまうなど過激な行動を行っていた。このように初期の頃は、常識知らずのお金持ちのお坊っちゃんであり(どちらかというと両津の方がまともである)、大原部長の悩みの種であった。

その中川も徐々に常識人になって、金持ちである事を鼻にかけるような言動も減り、最近では、家業である中川グループのいくつもの関連会社の社長も兼務しつつ、頭も良く、気配り細やかで女性にももてるなど、完璧すぎるほどの好青年となっている。しかし、近年は再び金持ちである事を鼻にかけるような言動が目立ってきている。

また、漫才を得意にするなど、他のキャラ同様にキャラクターのイメージを壊すような設定がついてしまい、崩壊が目立っている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 113人

もっと見る

開設日
2006年3月15日

4213日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!