mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Jimmy Page (ジミーペイジ)

Jimmy Page (ジミーペイジ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月7日 02:41更新

ジミー・ペイジ(Jimmy Page)本名:ジェームズ・パトリック・ペイジ(James Patrick Page)

1944年1月9日イギリスはミドルセックス州ヘストンに生まれる。

1962年ニール・クリスチャン&クルセイダーズに加入。

1963年1月ジェット・ハリス&トニー・ミーハンの「Diamonds」でセッション・マンとしてレコード・デビューを果たす。その後、ザ・フー、ニコ、キンクスなどのセッションを行う。

1965年2月ソロ・シングル「She Just satisfies/Keep Moving」をリリース。ドラム以外は全てジミー1人で行う。

1966年6月ヤードバースに加入。当初ベーシストとしてグループに参加するが、すぐにジェフ・ベックとのツイン・リード・ギタリストになる。

1966年11月ジェフ・ベックがヤードバーズを脱退、ジミーがリード・ギタリストとなる。

1967年8月ヤードバーズ、ジミーを全面にフューチャーしたアルバム『Little Games』をアメリカでリリースされる。

1968年6月ヤードバーズのラスト・ギグが行われ、ヤードバーズに残ったジミーは11月にニュー・ヤードバーズとしてロバート・プラント(Vo.)、ジョン・ポール・ジョーンズ(b)、ジョン・ボーナム(ds)と共に10日間のスカンジナビアツアーを行う。

1968年10月ニュー・ヤードバーズを消滅させ、ジミーはレッド・ツェッペリンのギタリストとしてサリー大学で初めてのギグを行う。

1969年1月ファースト・アルバム『LED ZEPPELIN』をアメリカでリリース。プロデューサーも担当する。

1980年ジョン・ボーナムの急死によりレッド・ツェッペリンは解散を余儀なくされる。

1982年ツェッペリン解散後、初のソロ・アルバム『DEATH WISH II』のサウンドトラック盤を発表する。

1983年ロニー・レーン救済コンサート『ARMS』に出演する。

1984年ex.フリー、バッド・カンパニーのVo.ポール・ロジャースとザ・ファームを結成する。

1985年ザ・ファーム、デビュー・アルバム『THE FIRM』発表。

1986年ザ・ファーム、セカンド・アルバム『MEAN BUSINESS』発表。

1988年ゲフィン・レコードよりソロ・アルバム『OUTRIDER』発表。

1993年ex.ディープパープル、ホワイト・スネイクのデヴィッド・カヴァーデイルとアルバム『COVERDALE・PAGE』制作、発表。12月に日本でツアーを行い、ユニットは解散する。

1994年ロバート・プラントとMTV『UNLEDDED』に出演。11月ペイジ・プラントとしてデビュー・アルバム『NO QUARTER』を発表。

1995年ペイジ・プラント、ワールド・ツアー敢行。翌年日本ツアーも行われる。

1998年ペイジ・プラント、セカンド・アルバム『WALKING INTO CLARKSDALE』発表。2度目のワールド・ツアーを行う。

1999年ジミー、ブラック・クロウズとペイジ・クロウズとしてツアーを行う。

2000年インターネット限定として、ペイジ・クロウズ『LIVE AT GREEK』を発表(のち、通常販売)。

2003年レッド・ツェッペリン『DVD』、3枚組ライブ『HOW THE WEST WAS WON』のプロモーションにて日本にレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジとして来日。銀座"山野楽器"にてトークショウを行う。

2004年NHK『第18回日本ゴールドディスク大賞』受賞のため再度来日。

2007年11月26日ロンドンはO2アリーナでロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジェイソン・ボーナムと共にレッド・ツェッペリンの再結成でライブを行った。

2008年1月26日ベスト盤『MotherShip』とライブ盤リマスター『永遠の詩(最強盤)』のプロモーションのため、来日。28日には日本メディアに対して記者会見を行い、大々的な宣伝活動を展開した。

2008年8月24日オリンピック北京大会の閉会式のセレモニーにレオナ・ルイスと共にジミー登場。「胸いっぱいの愛を」を演奏し、2012年に開催されるロンドン大会に向けたパフォーマンスを披露した。

2009年4月4日『ロックの殿堂』の式典にジェフベックのプレゼンテータとして壇上に登場。その後、受賞者のジェフらと共に「Beck's Bolero〜Immigrant Song〜Train Kept A Rollin'」を演奏。多くのロックファンに感動と興奮を与えた。

2010年、英国ロンドンの50's-60'sのカルチャーやファッションなどを紹介する展覧会『スウィンギン・ロンドン〜50's 60's』展が日本で開催される。

2011年9月9日U2のジ・エッジ、ホワイトストライプスのジャックホワイトと共にジミーが出演した、ロックドキュメンタリー映画『ゲット・ラウド』が日本全国ロードショウ中。

ジミーペイジ公式サイト→ http://www.jimmypage.com/
映画『ゲット・ラウド』公式サイト→ http://getloud.asmik-ace.co.jp/
映画「ゲットラウド」コミュ→ http://mixi.jp/view_community.pl?id=5746798

2012年10月19日
レッドツェッペリンとして参加した、2007年11月26日ロンドンのO2アリーナでの再結成コンサートの模様を収めた、ライブ・アルバム『祭典の日(奇跡のライブ)』のプロモーションとして来日する。『祭典の日(奇跡のライヴ)』プレミア試写会・公開記者会見など多くのメディアに出演。

2012年11月21日
『祭典の日(奇跡のライブ)』が日本でリリースされる。

2012年12月5日 米国でケネディ・センター名誉賞の受賞式にジョンポールジョーンズ、ロバートプラントと共に登場。

2014年4月 日本にレッドツェッペリンのアルバム『I』『II』『III』のプロモーションで来日。音楽雑誌を中心に取材を行う。

2014年5月11日 米国・ボストンのバークリー音楽大学から名誉博士号を授与される。

2014年10月 レッドツェッペリンのアルバム『IV』『聖なる館』、『JIMMY PAGE BY JIMMY PAGE: THE OPEN EDITION』のプロモーションで来日。

2015年7月 レッドツェッペリンのアルバム『プレゼンス』『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』『コーダ(最終楽章)』のプロモーションで来日。

2015年07月31日 ジミー・ペイジが44年振りに広島を訪問

(プロフィールは随時更新。2015/9/22)

ジミーペイジの公式サイト→http://www.jimmypage.com

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 1145人

もっと見る

開設日
2006年3月12日

4006日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!