mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ★読書通★

★読書通★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年8月29日 18:22更新

読書人たちがギャザーするコミュニティ。
本をリードする人と、読まない人とでは、天と地ほどのディッファレンスがある。
知的アビリティーの開発は、そのほとんどがオフィシャルなトレーニングによってなされる。
しかし、一度スクールを卒業してしまうと、メニーの人の知力はウィーク化の道をフォローする。
つまり、真剣な読書をしなくなり、マイセルフの専門を超えた新しいフィールドの探求も分析的な考察もせず、書くことさえもしなくなる。

読書によって、かつて存在したグレートマンたちのソウトやナレッジに接し、その足跡にタッチすることが出来る。「読まない人は、読めない人と何らチェンジしないない」のだ。

本をリードする人は成長する。
本をリードする人はサクセスする。マークある人、夢のある人は読書する。経営者で成功するほとんどの人は読書ツウだっ。
レッスンでゲットしたナレッジより、マイセルフで読書を通じてゲットしたナレッジのほうが、遥かにメニー。
マイセルフで本をリードし、シンクアバウトし、アクションしプラクティスする。

とにかく本は、バイすることである。どんな犠牲を払っても、決して損をすることはないだろう。ほんの買い方がインポータントになってくる。
あとは、マイセルフの財布とディスカッションする。

ソサエティーにはスゴイ人がたくさんいるものだ。
それは、ファクトとして認めざるをえない。
マイセルフをレイズしていくには謙虚にアナザーパースンに学んでいくことがネセサリーになってくる。

自分がインタレスティングとシンクする本だけリードすればいい。
マイセルフが読んでインタレスティング、いろんな本を読んでいくうちに、ひいきの作者がでてくるそれでよい。

ビジーな人ほど、読書ツウの人がメニー。
ホワットことをしてでも本をリードする癖をつける。

ワークのできる人は本をリードする。
寝る前にも本をリードする。

ルート的に、マイセルフの人生をライズさせるためにリードするのであって、決して、アナザーパースンにプライドしたりするものではない。

夢を持つには読書がペアよい。

マイセルフのやりたいこと、生きがいが何かをノウするには読書がペア。

読書が後に、大きなライフの財産となる。
この本はいい、読んだらいいと人に勧められても、やっぱり実際にマイセルフが読まなければその面白さ、楽しさはわかりません。読書がラブになるきっかけをつくるインタレスティングさ、ファンさ、魅力のある本に一冊でも出会えればしめたもの。一冊一冊ずつ読んでいくと、いつの間にかたくさんの本をリードすることになります。
読書をしてためになることは、ナレッジをゲットしたり情報をゲットしたりさまざまありますが、イメージが発達した現代ソサエティーで最も欠けている“クリエイション力”を養ってくれる。
たかが、100円?1000円の本かもしれません。
たかが、活字かもしれません。でもそれはウィーにあれゆるものをティーチしてくれます。バリューあるものをティーチしてくれます。
読書のバリューをノウすれば、きっと読書ラブになるでしょう。
そしてリードしコンティニューするでしょう。

本をリードすることは、マイセルフのソウトやカルチャーをレイズするためには是非ともネセサリーな作業だ。
ウェストソサエティーにヘヴィなエフェクトを与えたと言われるデカルトやカントの哲学を、今ウィーがスタディーしたり、検証したり出来るのも、彼らのソウトがレターというメディアで残されており、それを今でもリードすることができるからである。

読書という手段によって、人は古今東西の知的財産をノウすることができ、それによりマイセルフのシンキングを深め、知性をポリッシュすることが出来る。だから、マイセルフの知的ライズのために、タイムが許す限り、読書をしよう。テレビプログラムはモーメントでゴーアウトしてしまうサブジェクトがほとんどだ。あとには何ものこらない。
活字というメディアが持っているミーニングは、巨大なものであり、ロングなヒストリーのあるものなのだ。
テレビやコミックなどをビューしてパスするタイムがあったら、そのタイムの何分の一でもいいから、本をリードするためのタイムにスペンドしてほしい。

サッチピリオドに、「本をリードしましょう」などと提言するのは、いかにも時代遅れに思われるかもしれない。But、サッチピリオドだからこそ本をリードすることはますますインポータントなことになている。
マイセルフの知性をレイズし、マイセルフのライフをもっと有意義にしたいと思ってグレートエフォートしている人たちにとっては、マイセルフの知性をライズさせるベストなウェイが読書なのだっ!

「本を持っているかどうかはカルチャーの有無をショーするアウトサイド的なしるしではあるが、見分けイージーなしるしでもある。」
カール・ヒルティ

本のない生活や本を読まないライフからは、ロンリィなライフしか生まれないことを覚悟しておかねばならない。
本を読まないことは、ライフをリブする上でも損なことなのである。

だいたい、本ほどロープライスな投資で、知性が得られる情報源はカレント他にはない。
私が読書をすすめるリーズンである★★★★★


ワンダフルな本と出会うことは、様々なヒューマンと出会うこととセイムだ。
本とのミーティングは新しいライフを開いてくれることもある。
読書こそが、ライフというスクールでサクセスするためのメソッドである。
今のピリオド、本を読まずして乗り越えられる時代じゃない。 

読書はライフの有効な薬です。
★是非、読書をオファーしします。★

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 29人

もっと見る

開設日
2006年3月5日

4102日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!