mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Eliane Elias

Eliane Elias

Eliane Elias

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月20日 22:04更新

ブラジル出身の女性ジャズ・ピアニスト
Eliane Eliasのコミュニティーです。

●1960年3月19日、ブラジルのサンパウロ生まれ。祖父母がオペラ歌手、母親がクラシック・ピアニストという音楽的に恵まれた家庭に生まれ育ち、7歳でピアノを始めた。時はボサノバのゴールデン・エイジだったこともあり、アントニオ・カルロス・ジョビンやルイス・ボンファらの音楽に没頭。12歳になる頃には、それら名歌の数々をピアノで弾きこなしていたという。音楽学校を飛び級して15歳で卒業すると、そのまま教鞭を執るなど才媛ぶりを発揮。17歳でプロの世界に入る手掛かりを引き寄せる。才能を見初めたのは、カルロス・ジョビンと組んで無数の名歌を書いた詩人ビニシウス・ジ・モライスと、そのモライスの厚遇を受けたトッキーニョのふたりだった。'80年、ヨーロッパに短期間滞在する間、ベーシストのエディ・ゴメスに認められ、ニューヨーク行きを決心。クロスオーバー&フュージョン全盛のN.Y.マンハッタンで頭角を現し、才色兼備のフェロモンを随所に投げ込むことになる。まずはじめに人目を引いたのが、マイク・マイニエリの“ステップス・アヘッド”への参加。マイケル・ブレッカーやピーター・アースキンらを擁する巧者集団の紅一点として光を浴び、N.Y.でのレコーディング・デビューも飾る。次に、ランディ・ブレッカーとの結婚を機に、双頭バンドを結成し『Amanda』(Sonet / 海外盤)を録音。アルバム・リリースに合わせた'85年6月に、夫妻グループで初来日を果たした。その翌'86年には、初リーダー作『イリュージョン』(Denon)を制作してソロ活動も開始。これで波に乗ると、'89年からブルー・ノート・レコードの専属になり、『So Far So Close』(Blue Note / 海外盤)を皮切りに、『風はジョビンのように(原題はEliane Elias Plays Jobim)』(東芝EMI)、『サンパウロの女(原題はPaulistana)』(Blue Note / 海外盤)など話題作を次々に発表。リリカルなピアニズムに満たされた清新なプレイを繰り広げる一方、ボーカルではブラジリアンらしいサウダージの心を発信。そこで、'95年にハービー・ハンコックと共演した『Solos And Duets』(Blue Note / 海外盤)がグラミー賞にノミネイト。続く『The Three Americas』(Blue Note / 海外盤)では、米ジャズ専門誌の読者人気投票で6冠を獲得。さらに、'97年にデンマークのオーケストラと共演した『インパルシヴ!』(東京エムプラス)で再度グラミーにノミネイトされるなど、最上級の評価に包まれてきた。日本では、彼女が歌った「コンチネンタル」が酒造メーカーのTV-CFに使われ、カフェ・ブームの輪の中でも人気を上げている。'02年にはレコード会社を移籍し、心機一転の『キスト・バイ・ネイチャー』(BMGファンハウス)を発表。ピアノ、歌、作曲が三位一体ではずむ音楽で各方面からの注目を集めた。最新作は、12曲中11曲を歌うボーカル・アルバムの『夢そよぐ風』(BMGファンハウス)。
----bluenote tokyo official web siteより引用----

Official Web Site
http://www.elianeelias.com/
 

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 331人

もっと見る

開設日
2004年12月6日

4382日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!