mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Blind Mr. Jones

Blind Mr. Jones

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年10月24日 20:11更新

<イントロダクション>
数あるシューゲイザーバンドの中でも最も異彩を放つバンド・Blind Mr. Jones。独特の哀愁があるメロディーラインと、それを増幅する「フルート」という楽器の導入の妙に加え、バンドの発掘者であるSlowdiveのNeil Halsteadじこみの空間的音構成が、今までになかった独特の世界観を構築する。彼らの音楽は、「シューゲイザー」というジャンルが混乱と退廃の果てにたどり着いたひとつの「答え」だろう。

<バイオグラフィー>
James Franklin - Guitars
Richard Moore - Guitars, Vocals
Will Teversham - Vocals, Bass
Jon White - Drums
Jon Tegner - Flute

●彼らは、結成当時からほとんどメンバーチェンジはしていないようである。フルートのJonは、2ndシングル「Crazy Jazz」からの参加のようであり、また2nd アルバム「Tatooine」には参加していない。1992年の1stアルバム「Stereo Musicale」の時のメンバーの平均年令は、19才という若さであった。

●彼らがデビューするきっかけになったのは、当時Creation Recordsからデビューしたばかりのスローダイヴの主要メンバーであったNeil Halsteadと知り合った事だった。Neilはまだ無名であったこのバンドを非常に気に入り、自ら彼らのデモテープをプロデュースして、出来上がったテープをなんと直接Cherry Red Recordsの社長に手渡した。結果Neilの強い薦めもあり、彼らはCherry Red Recordsと契約する事になる。その時のデモテープに収録されていた曲「Touched」は、Cherry Red RecordsのV.A「My Favourite Flavour」に収められている。その後1stシングル「Eyes Wide e.p.」をリリース。これも再びNeilのプロデュースである。次の2ndシングル「Crazy Jazz」ではフルートを大胆に取り入れ、楽曲の幅を大きく広げた。そして彼らの最初のアルバム「Stereo Musicale」は、プロデューサーにスローダイヴやチャプターハウスを手掛けてきたChris Huffordを迎え、1992年にリリースされた。彼らの作品の音は、何層にも重なりあったそれぞれの音が、決して埋もれる事なく見事な空間と広がりをみせている。こういった作りは正に、スローダイヴが得意とするところであり、スタジオワークにはNeilやChrisの影響が大きい事をうかがわせる。

●しかしこの後彼らは、沈黙の期間に入る。満を持してのリリースだったアルバムが、セールス的には大幅な不振で、また時代はすでに『シューゲイザー』という流行りが過ぎ去り始めていた。そのためバンド存続の危機に瀕していたのか、正確なところは不明だが、とにかくその後2年間、まったく彼らの活動は音沙汰なくなってしまった。

●1994年、アメリカでは『シューゲイザー』的な音がちょっとした流行りになっていた。そんな折り、「Spooky Vibes (us edit)」の7"がアメリカ盤のみでリリース。そして本国イギリスからは何の前触れもなしに、彼らの2nd アルバム「Tatooine」がリリースされた。前作では1フレーズのみのインスト曲など、ある意味曲としては完成していないような物までいろいろ詰め込まれた作品であったが、今作ではきちんと作り込まれた曲を10曲と、作り手としての成長がうかがえる。また印象的であったFluteはなくなり、荒々しいまでのフィードバック・ノイズも鳴りをひそめている。代わりに際立ってきているのが、1曲ごとのメロディの良さだ。それは全曲通して安心して聴ける、そんな作品に仕上がっている。

●その後、1stアルバム「Stereo Musicale」のアメリカ盤がようやく発売となり、流行り廃りに関係のなかったアメリカでは、着実にファンを増やしていったようである。残念ながらそれ以降、再び活動の途絶えた彼らは、正式に解散発表することもなく消えていった。

●それから約10年、時代がシューゲイザーに追いつき、多くのバンドたちの再評価熱が高まる中、ついに彼らのベストアルバムもCherry Red Recordsより発売された。

<参照>
http://www.myspace.com/blindmrjones
http://shoegazer.psychoblue.com/mine/
http://blogs.yahoo.co.jp/naoya04041984/25986001.html?p=1&pm=l (Bサイド&レアトラックリスト)

<ディスコグラフィー>
●EP、シングル
・Eyes Wide EP (1992)
・Crazy Jazz EP (1992)
・Spooky Vibes [U.S. edit 7"] (1994)
●アルバム
・Stereo Musicale (1992)
・Tatooine (1994)
・Spooky Vibes -the very best of blind mr. jones- (2005)
・Over My Head: The Complete Recordings (2008)

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 91人

もっと見る

開設日
2006年3月2日

3977日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!