mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 在原業平

在原業平

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月13日 22:13更新

ありそうでないので作ってみました。


在原 業平(ありわらの なりひら、天長2年(825年) - 元慶4年5月28日(880年7月9日))は平安時代初期の歌人であり、六歌仙、三十六歌仙のひとり、また伊勢物語の主人公とみなされる。平城天皇皇子の阿保親王第五王子。母伊都内親王は桓武天皇の皇女で、業平は桓武天皇の孫にあたる。別称の在五中将は在原氏の五男で従五位上、右近衛権中将であったことからくる。

臣籍降下して兄行平らとともに在原氏を名乗る。仁明天皇の蔵人となり、849年(嘉祥2年)従五位下に進むが、文徳天皇の代になると13年に渡って昇進がとまり不遇な時期を過ごした。清和天皇のもとで再び昇進し、従五位上に序せられ、右馬頭、右近衛権中将、蔵人頭に進んだ。惟喬親王の従妹である紀有常女を妻とし、紀氏と交流があった。子に棟梁、滋春、孫に棟梁の子・元方がありみな歌人として知られる。

文徳天皇の皇子惟喬親王に仕え、和歌を奉りなどした。業平は『日本三代実録』には「体貌閑麗」とされ、美男の代名詞のようにいわれる。早くから『伊勢物語』の主人公と同一視され、伊勢物語には中、二条后こと藤原高子や伊勢斎宮恬子内親王などとの禁忌の恋が語られる。

なお恬子内親王との間に生まれた子は高階茂範の養子・師尚であるとされ、以後の高階氏も業平の子孫ということになる。

歌人としては『古今和歌集』に30首が入集している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 219人

もっと見る

開設日
2006年2月26日

4014日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!

オススメゲーム

人気コミュニティランキング