mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 高橋克実

高橋克実

高橋克実

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トリビアやMatthew's Best Hit TVでおなじみの高橋克実さん。
ショムニ時代の寺崎人事部長のトボケっぷりは最高!^m^
高橋克実さんに癒されましょうw

生年月日:1961年4月1日
血液型:A型
職業:俳優
出身:新潟県三条市

愛称はカッツミー。


高校卒業後上京、予備校生としての生活を送る。予備校時代は井の頭線・東松原の寮に住み、下北沢が遊び場だった。
浪人生活を送るも、仲間と楽しく遊びすぎたのか受験に失敗、いくつかのアルバイトを経て役者の道を志す。
1987年、劇団離風霊船に入団。
1990年代後半、テレビドラマ『ショムニ』の人事部長役でブレイクし、その後様々なドラマやバラエティー番組にて人気を博している。中でも同じ事務所に所属している八嶋智人と司会を務めた『トリビアの泉』は、高視聴率を記録していた。この両番組のヒットにより、視聴者からは「隣に有能な部下がいるから何とかなっているダメ上司」というアピールイメージが強い。
一方、NHKで放映された『フルスイング』において、生徒と同僚教師たちに力強い愛で教師の情熱を注いだ高林導宏役を好演。同番組HPの投稿サイトはじめ新聞やテレビ雑誌などで、朴訥な人柄・笑みを絶やさず周囲に勇気と希望を与えていく高林役の熱い演技力が、改めて「俳優・高橋克実」としての高い実力を評価された。
2004年12月に、日本国外でのロケーションに出かけている際に自宅に泥棒が入り、パソコンなどの盗難の被害に遭った。同時に2003年に妻と離婚していたことも明らかとなり、よくそれをトリビアの泉などで自虐ネタとして使っている。前妻とは別れてはいるが仲は悪くなく、前述の盗難被害の際には高橋が海外ロケをしている最中だったので、当人の代理として警察に盗難の被害届を出したという。ちなみに「テレビの報道を見て被害額を知った」と、『トリビアの泉』で語った。


下積み生活が長く、『ショムニ』の出演前後までアルバイトで生計を立てていたという苦労人。以前は神奈川県相模原市のアパートに住み、ビニール本関係の仕事を月収3万でしていたらしい。
以前は、頭頂部の毛の少なさをカバーしようと側頭部の髪の毛を長く伸ばし、その毛を上に被せるという特殊な髪型であった。行きつけの床屋で2週間に1度セットしていた。
この髪型を維持するため整髪料を大量に使ってガチガチに固めていたため、頭頂部に被さった部分はまるで横に蝶番の付いたフタの様に開閉が可能であった。この為、八嶋智人等劇団の仲間からハッチというあだ名を授かった。また、ジッポというあだ名も仲間内からあった。
2004年4月、髪型を坊主に変えた。それまで一部でカツラ疑惑が囁かれていたが誤解として片付けられた。しかし未だに「切った」ではなく「(カツラを)取った」と指摘を受けるケースがある。また、高橋を「人間たこやき」と言う声もある。
『トリビアの泉』では、坊主で初めて出演する前の回に「次回、トリビアの泉リニューアル!!」と予告放送された。
二日酔いの状態で草野球の試合に出場し、脱水症状その他諸々の理由で帰りに立ち寄ったコンビニで倒れてしまい、救急車で運ばれたことがある。その時は髪型をセットしていなかったため、見られないように被っていた帽子から決して手を離さなかったらしい。
幼少期は「三条の神童」と呼ばれていたという。現在とは似ても似つかぬほどの美形であり、三条信用金庫のCMに出演したこともある。(『トリビアの泉』でも紹介された)
自宅にポスターを貼るほどの、大のhitomiファン。かつては松任谷由実のファンクラブにも加入していた。
コメディードラマへの出演が多いが、金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』では主人公の型破りな助け人役、またNHK土曜ドラマ『フルスイング』では主人公の熱血教師役を好演し、俳優としての幅の広さ、存在感を改めて再認識させた。
『フルスイング』での演技によりギャラクシー賞2008年2月度月間賞を受賞した。
『ネプリーグ』では2006年10月30日放送で「ちびまる子ちゃんチーム」に登場して、ファイブツアーズでは番組史上2人目の1人で全10問正解パーフェクトを達成した。ネプチューンチームも途中から彼を応援していた一面があった。

開設日
2004年12月02日
(運営期間4318日)
カテゴリ
芸能人、有名人
メンバー数
907人
関連ワード