mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 大塩平八郎

大塩平八郎

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月19日 08:07更新

大塩平八郎(おおしお へいはちろう、寛政5年1月22日(1793年3月4日) - 天保8年3月27日(1837年5月1日))は、江戸時代後期の儒学者で、大坂町奉行所与力を勤める。通称は平八郎、諱は後素、字は子起、号は中斎。 大坂天満の生まれだとされているが、阿波国の生まれだとする説も存在する。

学問は陽明学を学び、知行合一を信じて、自宅で洗心洞という私塾を経営し、頼山陽などとも交際を持った。

天保の大飢饉の際に民衆救済のために蜂起(大塩平八郎の乱)するが、門人の密告(奉行所が送り込んだスパイという説もある。)によって奉行所の知るところとなったこともあって、すぐ鎮圧された。逃亡途中、四ツ橋のあたりで刀を捨て、靱のとある商家の蔵に隠れていたが、数ヶ月ほどの後、所在が発覚し、養子の格之助と共に火薬を用いて自殺した。享年45。

「友人になりたいと思った相手に対して、なんらかの邪心を抱いているならば、親しくするべきではない」との言葉から、極めて厳格な人間性が伺われる。

著書に『洗心洞箚記』など。

* 現在大塩の終焉地とされる現在の大阪市西区靱本町1丁目18番12号(天理教飾大分教会の敷地内。)に、追悼碑がある。
* 大塩の隠れていた場所がばれた理由のうちで有名なものの一つとして、いつも二人分の食事が日に一度必ず余分にあるのを不審に思った商家の女中が奉行所に密告したという説がある。

wikipediaより
歴史上の人物で、織田、豊臣、徳川にもひけをとらない素晴らしい人だと思います。まさに前代未聞。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 367人

もっと見る

開設日
2006年2月10日

4127日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!