mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 一遍 (捨てるという生き方)

一遍 (捨てるという生き方)

一遍 (捨てるという生き方)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年8月14日 22:16更新

此体に生死無常の理をおもひしりて

  南無阿弥陀仏と一度正直に帰命せし一念のあとは

    我も我にあらず。

      故に心も阿弥陀仏の御心、

        身の振る舞いも阿弥陀仏の御振舞い
              
           ことばもあみだ仏の御言葉なれば

              生たる命も阿弥陀仏の御命なり。


                 (「一遍上人語録」岩波文庫:29頁)



   <私的現代語訳>


    この体は永遠のものではないという宇宙の摂理を理解して、

    南無阿弥陀仏と一度でも正直に称名した後は、

    もう私は私でなく、

    心も阿弥陀仏のこころ、

    身の振舞いも阿弥陀仏の振舞い、

    ことばも阿弥陀仏の言葉ですから、

    自分が生きてると思っているこの命も、

    実は阿弥陀仏の命なのです。



「南無阿弥陀仏の言葉そのものが仏であり、

その言葉には絶対的な力がある。唱えれば必ず救済されるのだ」

                     
                             一遍



 一遍上人は「一代聖法みなつきて南無阿弥陀仏になりはてぬ」

 そういって持っていたお経や書物を、

 みんな焼き払われ死んでいかれました。

 それでも数は少ないですが、一遍上人の言葉は残っています。

 その言葉の一つ一つが、宗教的天才・一遍を物語っていると思います。

 
一遍さんの本名は河野時氏。

 法然の孫弟子の聖達のもとで浄土教を学びました。

 しかし一遍さんの教えは独創的です。

 一遍さんの教えを聞いていると、

 人間はみんな救われているのだ、そんな気にさせられる。


 生まれ変わり死に変わりしてきた中で、

 どれほどの罪を犯してきただろう?

 しかし阿弥陀様はすべての罪を受けとめて、

 南無阿弥陀仏と滅してくださったのです。

 だからもう良いとか悪いとか論じることは無意味なこと、

 ただお与えくださった南無阿弥陀仏を唱えるばかりなのです、


 このような念仏者は、

 人生をあみだ様、勢至・観音菩薩、二十五菩薩衆、多数の聖者の群れ、

 すべての方角におられる、ガンジス川の砂ほどの、

 仏さま、聖者の方々に昼夜離れることなく、

 慈悲をもっ護っていただけることを祈ります。

 また心が平静で乱れることなく、思いがけない病気や、

 不慮の死に遭うこともなく、この身に苦痛なく、身も心も安楽に、

 まるで禅譲に入るように、私たちの人生は出る息、吐く息、

 地獄、極楽を繰り返している命が絶えたとき、

 聖衆が迎えに来てもらえますように。


、そうすれば仏の願力に乗じて、極楽浄土に導かれていける。

 それを臨終正念往生極楽と言う。

 これが、一遍上人・「時宗」の教えです。



 「ただ一心に名号にすがる(阿弥陀の名を唱える)ことで、

 人は生きながら浄土に生まれる」

 一遍はそう確信します。

 念仏を知っていても知らない人も、

 信じる人も信じない人も、

 罪や後悔のある人も、

 すべての人が、今この瞬間に南無阿弥陀仏と救われている・・

 自己の力を捨て、阿弥陀仏にすべてを任せた「絶対的な他力」

 16年間も遊行(布教の旅)し続けた一遍上人こそ、

 真の宗教者だと思います。


 では一遍上人大好きな人、これから学びたい人、

 興味はなかったけどこのコミュで縁が持てた人、

 死んでからの極楽もいいけど、

 生きてる今を一遍上人から学びましょう。




「心理学クラブ」
http://bruckner72.exblog.jp/

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 3人
開設日
2017年2月5日

291日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!