mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > George Maciunas

George Maciunas

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年5月17日 00:48更新

George Maciunas/1931ー1978

フルクサスの主導者はリトアニア系アメリカ人のジョージ・マチューナス(George Maciunas、1931年 - 1978年)であり、現代美術の祖であるマルセル・デュシャンの活動や1950年代のジョン・ケージやアラン・カプローらのハプニング、イヴェントといった活動に刺激を受けて、ジョージ・ブレヒトらとともにパフォーマンス・アートを行っていた。彼が1961年にニューヨーク市で行った講演のタイトルを『フルクサス』としたのがこの言葉の広がるきっかけだったとされる。「流転」という言葉どおり彼らのパフォーマンスは一回限りで繰り返されないもので、日常生活に芸術を見出そうとし、日常生活の中でのパフォーマンスや日常生活の要素を取り入れたパフォーマンスを特徴としていた。1962年、マチューナスは債権者から逃れるために友人を伴って西ドイツへと渡り、以後フルクサスはアメリカ合衆国と西ドイツ、デンマークを中心とするヨーロッパで展開された。また欧米以外では日本からの参加者も多かった。

フルクサスにはヨゼフ・ボイス、ディック・ヒギンズ、アル・ハンセン、ボルフ・フォステル、ラリー・ミラー、レイ・ジョンソン、ラ・モンテ・ヤング、ナムジュン・パイク、オノ・ヨーコ、靉嘔、一柳慧、久保田成子、小杉武久、刀根康尚など、パフォーマンス・アートから詩、音楽、映像などさまざまなメディアの実験をする芸術家が集まり緩いつながりで成り立っていた。彼らはそれぞれの芸術分野での伝統的な規範やジャンルの区別には反対する立場をとり、作品よりも芸術家の行動、個人差、思想に力点を置いた。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 197人

もっと見る

開設日
2006年2月8日

4156日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!