mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 政府専用機

政府専用機

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年8月15日 02:40更新

要人が外国へ行く際に使用される航空自衛隊の飛行機
最近ニュースでよく見かける日本のエアフォースワンです

・この飛行機に乗ったことがある
・空港で見た
・自分or知り合いがクルーだ
・乗ってみたい
・こんな飛行機はじめて知った

そんな方是非参加してください!
何もかも「特別」なこの飛行機が気になる方どうぞ

※トピック作成もご自由にどうぞ

【公式ページ】
http://www.mod.go.jp/jasdf/refs/b747/b747.htm
【首相官邸ページ】
http://www.kantei.go.jp/jp/vt2/main/07/photo-senyoki01.html
【航空自衛隊】
http://www.mod.go.jp/jasdf/equipment/04_b747.html
http://www.mod.go.jp/jasdf/equipment/gallery/wallpaper/04_b747.html

【詳細】
(日本)
日本は2機の政府専用機を保有しており、機体はボーイング747-400である。アメリカ合衆国のVC-25が「空飛ぶホワイトハウス」と呼ばれていることにあやかり、「空飛ぶ首相官邸」との異名を持つ。陸上自衛隊イラク派遣部隊の輸送にも使われた。天皇が搭乗する場合は、御召機(又は御料機)とも呼ばれる。要人が政府専用機を使用する時は、常に主務機と予備機2機が同時に飛行し、主務機が故障したときに予備機を使用するという体制になっている。正乗務員は全て自衛官である。

現在、日本の政府専用機は2機体制であるが、本来要人輸送機は最低でも正(要人搭乗・主務機)、副(随行・副務機)、予備(基地待機・非常時代替機)の3機体制で運用されるのが通常で、現状では、もし外遊先で2機とも故障した場合はそれに代替する機体が無く、要人輸送機の運用体制としては不十分である。現在の2機は総理府(当時)の予算で購入され、航空自衛隊に運用を委託する形で利用が開始されたが(現在は機体の所有も航空自衛隊に移管されている)、防衛庁が上記の理由で3号機の購入を予算に組み込んだものの、大蔵省(当時)の査定で拒否され、未だ実現に至っていない。もっとも、この機体導入計画自体が、当時日本の最大懸念であった米国の対日貿易赤字を減らすための国策という、決して建設的ではない動機によるものである以上、実用的な意見は無視されたともいえる。

米国の大統領専用機 (VC-25) も日本の政府専用機と同じく2機しか存在しない。しかし、大統領専用機であるので、言わば「大統領のプライベート機」として私用も含め自由に使用が可能で、休暇の際の保養施設への移動や国内遊説にも使われる。戦闘機並みの24時間体制で、命令があれば直ちに離陸可能な体制になっている。万が一、この2機が使用できない場合でも、前大統領専用機などの要人輸送機がいつでも使えるようになっている。一方、日本の政府専用機は、あくまでも政府の専用機であり、アメリカのような自由な使用はできない。

2002年6月にカナダで行われたサミットの帰途、日本と韓国で行われたサッカーワールドカップの決勝戦(ブラジル対ドイツ)を観戦するためにドイツのシュレーダー首相が小泉首相の乗る政府専用機に同乗した。政府専用機は日本政府による管理が行われ、ドイツを含め他国は干渉できないため、異例の措置であった。 

(目的)
* 皇族・要人の輸送
* 緊急時における在外邦人の輸送
* 国際緊急援助活動
* 有事における自衛隊員の緊急輸送(特に、軽武装の陸上自衛隊北部方面隊普通科隊員の緊急輸送)

(機体)
* 機種:ボーイング747-400
自衛隊ではB-747-400となっている。「B-」はボーイングを表すが、米軍では「B-」は爆撃機を表す。しかし、日本は爆撃機を持たないためこれで良いようである。なお、自衛隊輸送機は通常「C-」で(YS-11を除く)、要人輸送にも使う多用途支援機の「U-」もある。
* 機数:2機(常に2機が対として運用)
* 機体番号:20-1101・20-1102
* 設備:貴賓室、婦人室、シャワールーム、秘書官室、会議室、通信室などが設けられている。
* 外観:白地に赤いラインのデザイン、垂直尾翼に日章、所属表記に「日本国 JAPAN」の文字。1号機は地上にある時はコクピット上部に国旗を立てる(2号機には旗竿ホルダーが付いていない)。
* 所属:北海道・航空自衛隊千歳基地(新千歳空港に隣接)特別航空輸送隊に所属している。

(その他)
コールサイン
* JAPANESE AIRFORCE 001/002:本務機/予備機(任務中=皇族・要人・派遣人員搭乗中を指し、フェリー時などは任務外移動となる)
* CYGNUS(シグナス)01 or 02:訓練時および任務外移動(フェリー等)時
“CYGNUS”は特別航空輸送隊所属機のコールサインである。

(経過)
* 1987年 導入決定(2機で360億円)
* 1992年9月 1号機納入
* 1992年11月 2号機納入
* 1992年4月 防衛庁に管理移管
* 1993年2月 渡辺美智雄副総理訪米に初使用
* 1993年4月 宮澤喜一総理の訪米に総理として初使用
* 1993年6月 特別航空輸送隊を編成
* 1993年9月 天皇皇后訪欧に使用
* 2002年4月 要人輸送100回
(フリー百科 ウィキペディアより)  

【関連コミュニティ】
『B747』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=742813
『ボーイング機好き』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=113178
『航空自衛隊』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=272955




[検索用]
政府専用機、航空自衛隊、701飛行隊、千歳基地、羽田空港、特別航空輸送隊、B747、パイロット、輸送機、航空管制、うめぼし、空、客室乗務員、副操縦士、総理大臣、日本、新千歳空港、城南島、整備士、航空学生、エアフォースワン

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 438人

もっと見る

開設日
2006年2月7日

4304日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!