mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > luv(sic)

luv(sic)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月28日 17:33更新

luv(sic)もつくりました。
どうぞ。

Luv(sic)

Lovesick like a dog with canine sensitivity
developing this new theory of relativity
connecting our souls resting in captivity,
positive life sacrifice what it is to me
our history, only a quarter of a century
reality, sitting on the shoulders of our chemistry
see ain't no mystery, the colours that we mix will set the mind free,
let the blind see beyond harmony!
breathe life into dead space blow away all clouds of doubt
new territory we determine to be
everything a safe haven is supposed to be
now it might seem distant but the time is near
when our thoughts take off and split the atmosphere
pure sound waves travel semi-infinitely,
plus I'll see you there utmost definitely!

'cause the beat plus the melody makes me speak of l.o.v.e. eloquently, so evidently
'cause the beat plus the melody makes me speak of l.o.v.e. eloquently, so evidently

good gracious, every process has a genesis and ends with a revelation
god bless this opportunity for me to find a voice
for some words that have waited for way too long
low wages, small tips on the avenue
never wasted, all hits for a revenue
haven't you heard the news lately?
seems we've been living for sometimes in a purgatory
but yo, I thought I knew what a love song sound like
but I felt a warmer tune in the sunlight
I could still hear it in the room past midnite,
gotta move, take a solo cruise in the moon light
sometimes I do forget , oh how much we could ease the lives we lead
if we learn to let go, the reins that we hold
return to our souls, and the spirit let flow
so you see, upon everyday faced there's a million shades to express definition of grace
but the method I choose my prerogative,
there's so much love in me I got to give!

(chorus)

oh how I could write a book on how you make me feel,
but how about this song that I wrote for you?
what I feel like... I wanna put my trust in these simple words
for you to feel what I'm saying, what you feel like?
reminisce about the little episodes that we shared together?
remember the time that you told me in the cold night,
to relax when all I knew was to hold tight
remember the time that I spoke to a crowd in a full house and realized that you was my ace?
I was the joker on the stage singing the blues
all eyes on me and had nothing to prove
but yo, I thought I knew what a diamond shine like
but I felt a sharper love in the limelight,
from the queen of hearts watching me quietly in the upper deck balcony
sometimes I do suspect, I'm an actor in a well-scripted live divine comedy
when I look back at that frozen slice of time and try to defrost the senses lost
now enough with the metaphors, the motivation that I wrote this letter for
for you to know that the music help us carry on,
like you say a new day will bring us tomorrow...

'cause your beat plus my melody makes me speak of l.o.v.e. eloquently, so evidently
'cause my beat plus your melody makes me speak of l.o.v.e. eloquently, so evidently

Luv(sic)

恋に落ちた犬のように繊細で
二人の新しい相対性を目論んでいる
お互い捕らわれの魂が繋がる
自分はポジティブに命を捧げている
僕達の歴史、それはたったの四半世紀
現実は僕と君との関係にかかっている
何も秘密じゃなく、僕達が混ぜる色は心を解放し、
盲目の人さえも音楽が見えるだろう!
感覚を失った場所に生気を吹きこみ、すべての疑いの雲を吹き飛ばす
安全な拠り所と呼べる新しい地を探そう
今、それは遠くに感じても、時は近い
二人の想いが飛び立ち、大気を抜けたとき
純粋な音の波は、半永久に旅する
そして、そこで必ず君に会えるだろう!

ビートとメロディーが、滑らかに愛を語らせ、明らかにする

全ての物語は創世で始まり黙示で終わるように
眠っていた言葉がようやく声を見つけたことを祝福しよう
街で手に入れた少しのお金や知恵
無駄にせず、すべて懐に貯めてきた
最近のニュースを耳にすれば
僕等はいつから煉獄の中に生きているのだろうか
僕はラブソングなんて知っていると思っていた
でも太陽の下で、もっと暖かい調べが聴こえてきた
真夜中を過ぎても部屋の中で聴こえる
動かなきゃ、月明かりの下、独りで走る
たまに忘れてしまう、
僕達が握リ締めている手綱を放せば
どれだけ人生が楽になるだろう
魂に返り、精神を流れるがままに
毎日が恵みの意味を示す百万回の機会なんだ
その中の僕の選択肢
こんなに多くの愛情が溜まっているんだ!

君について想うことは本を書いても足りないよ
とりあえず君のために書いたこの歌はどうですか?
この簡単な言葉達を君が感じることを信じて
君は、二人の思い出話をしたいの?
あの寒い夜のことを覚えていますか?
僕が硬くなって震えていたときに落ち着くことを教えてくれたときのこと、
満員の観客に語っていた最中、君の正体が分かったときのこと
僕は壇上でブルースを歌う道化師だった
すべての視線が僕に注がれても、何も怖くなかった
僕はダイヤモンドの輝きを知っていると思っていた
でも、スポットライトの中でより眩しい愛を感じたんだ
二階席でそっと見下ろす女神から
たまに疑ってしまう、
自分は天の喜劇の脚本を演じさせられている人形じゃないかと
冷凍された過去をふり返り、失われた感情を解凍する
もう、比喩はたくさんだ、この手紙を書いた理由は
音楽が僕等の日々の糧になるということを知ってもらうため
君が言うように、新しい一日のみが明日へと導いてくれるだろう、、、

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 308人

もっと見る

開設日
2006年2月7日

4304日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!