mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 小保方晴子

小保方晴子

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年11月20日 20:52更新

トップ写真は、
http://valuetrendnews.com/obokata-haruko-profile-4242
からの引用です。

小保方晴子 (おぼかた はるこ、1983年 - )は、日本の化学研究者。理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター研究ユニットリーダーを務める。世界で初めてSTAP細胞 (stimulus-triggered acquisition of pluripotency cell) を発見した。

1983年、千葉県松戸市出身。2002年4月、AO入試によって早稲田大学理工学部応用化学科入学。2006年3月、早稲田大学理工学部応用化学科卒業、学部では微生物の研究を行っていたが、指導教授からのアドバイスで、早稲田大学大学院に進学すると専門分野を転向し東京女子医科大学先端生命医科学研究所研修生として再生医療の研究を開始。早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻修士課程修了、早稲田大学大学院先進理工学研究科生命医科学専攻博士課程修了。博士 (工学)(早稲田大学)。学位論文「三胚葉由来組織に共通した万能性体性幹細胞の探索」(2011年3月)。
2008年の大学院博士課程1年在学中から2年間ハーバード大学医学部のチャールズ・バカンティ研究室に留学し、同研究室でSTAP細胞の着想を得た。
しかし、他の研究者からなかなか相手にされず共同研究者がみつからなかったところを、若山照彦理化学研究所チームリーダー(当時、現山梨大学教授)が評価、共同研究を申し出、2011年に理化学研究所客員研究員に着任。同年若山との共同研究で、STAP細胞からできた細胞を持つマウスの作成に成功。論文は一旦リジェクトされたが、笹井芳樹副センター長らの支援を受け、研究を続け、2014年1月29日、小保方をリーダーとする研究ユニットなどがiPS細胞とは別の新万能細胞STAP細胞を世界で初めて作製したことを科学雑誌『Nature』(Nature 505, 641–647 ページ および 676-680 ページ, 2014年1月30日号)に発表した。

以上はWikiから引用です。

以下は、
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/36011799.html
↑からの引用引用です。

独立行政法人理化学研究所(理研)といえば、日本唯一の自然科学総合研究所として知られ、湯川秀樹、朝永振一郎、中谷宇吉郎などをはじめ数多くの研究者を排出した組織ですが、そんな理研で「万能細胞を、遺伝子の操作などをせずに作り出す画期的な方法」(この方法により作成された細胞を「STAP細胞」という)が発見されて話題になっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140129-00000065-nnn-soci

それはさておき、ネットでは、この研究の中心となった同研究所の発生・再生科学総合研究センターの研究ユニットリーダーだという、小保方晴子(おぼかた はるこ)さんが可愛いと話題になっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140129-00000100-mai-sctch

小保方さんは現在30歳、自らの研究室の壁をピンクや黄色にし、花柄のソファを置くなど、女性らしい側面を持ち、さらには実験器具にムーミンのシールなどを貼り付けたりしているそうです。ファッション好きとしても知られ、今回の記者会見でも英国の有名ブランドの指輪を着けたそうです。一方、研究に関しては「並外れた努力家」だということです。

ネットでは、そんな小保方晴子さんに「可愛いな。理系の姫だ」「あんなにきれいで可愛らしく、30歳の若さで何やらすごいらしい研究成果、かっこいい」「美人でリケ女(理系女子)とかすごいなぁ。日本女性初のノーベル賞とかとってほしい」「ぶっちゃけIPS細胞の新技術より小保方晴子研究ユニットリーダーの方が気になってる」などと話題になっています。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 227人

もっと見る

開設日
2014年1月30日

1394日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!