mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 池田輝政

池田輝政

池田輝政

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年7月22日 20:19更新

池田 輝政(いけだ てるまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。美濃池尻城主、同大垣城主、同岐阜城主、三河吉田城主を経て、播磨姫路藩の初代藩主となる。姫路城を現在残る姿に大規模に修築したことで知られる。岡山藩池田家宗家初代。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E8%BC%9D%E6%94%BF


ちなみに管理人の僕の一族の御先祖様です。

旧・笠松県(現・岐阜県羽島郡笠松町周辺)に設置された旧・笠松裁判所の4代目裁判長・名取半左衛門長知も僕の御先祖様です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E6%BF%83%E9%83%A1%E4%BB%A3

笠松湊(かさまつみなと)とは岐阜県羽島郡笠松町港町にあった川港である。

木曽川水運の中継地点として発展していた。現在は笠松みなと公園として整備されており、川灯台が建てられている。港までの道には河原石を敷き詰めた石畳が今でも残っている。 笠松渡船場跡石畳は県指定史跡(昭和42年11月)


寛文2年(1662年)美濃国奉行(美濃郡代)名取半左衛門長知が郡代陣屋を移し、傘町から笠松に改称してから約200年にわたり、笠松陣屋を中心に、徳川幕府直轄地支配や治水行政の中心地、地方物資の集散地となった。 木曽川水運の拠点としても発展し、下流の桑名、四日市、名古屋からは海産物や塩、衣類などが運ばれ、上流からは年貢米や材木、薪炭などが運ばれた。 かつては問屋や倉庫、船宿、料亭などが立ち並び木曽川随一の繁栄を誇っていた。

明治18年(1885年)には笠松湊へ寄港する船は1日平均38艘、1年間に6,440艘あまりで、明治25年(1892年)ごろまでは桑名からの蒸気船が1日2往復していた。

大正から昭和初期には、ポンポン船と呼ばれる大型発動機船の時代となったが、近年鉄道の普及、自動車の発達により笠松港の役割は終わった。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E6%9D%BE%E6%B9%8A

検索ワード

戦国大名、戦国武将、安土桃山時代、江戸時代、美濃池尻城、大垣城、岐阜城、三河吉田城、国宝・姫路城、岡山城、岡山藩池田家宗家初代、愛知県、清須市、清洲城、大垣市、岐阜市、姫路市、岡山市、岐阜県、岡山県、関ヶ原の合戦、西国の太守、岡山藩、播磨宰相、姫路宰相、西国将軍、笠松町、笠松競馬場、旧・笠松県、旧・笠松裁判所、美濃郡代、幕府直轄領、笠松陣屋

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2013年12月25日

1076日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!