mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 月曜登山の会

月曜登山の会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月25日 00:26更新

このコニュ二ティは主に平日登山をともに楽しむ仲間を増やすこと目的に設立しました。登山とは楽しくもあり危険でもあるレジャーもしくはスポーツであると思いますが、やはり単独行より気の合う仲間を得て楽しむのが理想であると感じています。私自身木曜や月曜日が休みが多いため為単独での山行が主となっていますが、やはりリスクが集団山行より多いと思いますし費用面や登山技術面でのマイナスは大きいですよね。 平日休みで単独山行に物足りなさ、または不安を感じている皆様!一緒に楽しい会を盛り上げていきませんか?
なおこの会はあくまでも山を愛する個人個人の献身によって成り立つ事を理想とし営利目的の団体及び個人の関与を排除致します。

<イベントについて>

1.この会では平日限定の日時設定で関東近県の山に日帰りからテン泊まで企画いたします。

2.山では自力下山・自力脱出が原則です。万一の怪我、遭難については、保険加入を含め自己責任各会員各人の対応でお願いします。                                                        参考/ 保険  http://www.nihiho.co.jp/       
           http://www.sangakujro.com/                              http://www.sangakukyousai.com/index.html
3.装備

   参考/ http://www.geocities.jp/hcnonbiri/soubi/siryou/soubi.htm
 
4.山行計画
1. 山行計画時は標準的なコースタイム(市販されている山岳図書に記述されているコースタイム)の1.5倍を歩行時間と考え、ゆとりあるコースタイムで設定する。
2. 1日の実働時間は8時間以内を目安とし、暗くなってからの行動は避ける。

5.車両使用規定

目的
当規定は車両を使用する山行において、その安全並びに事故を未然に防ぐことに関することと、万が一事故が起きた時の処置、及び、その費用の負担について、対応をスムースに運ぶことを目的に定める

使用車両
山行に使用する車両は、次の規定を満たしていなければならない。
〇藩兌嵶召亘…蠅砲茲訶生\鞍が正しく実施され、日常の管理も充分に行われているほか、山行に使用する際には特に念入りに点検整備が実施されていること。
⊆嵶召惑ぐ嬖欷院並仗諭対物、同乗)に加入していること。
(保険額は特に定めない)
5ぞ檗地形、その他のトラブルに対処できる装備を備えていること。
(スノータイヤ、タイヤチェーン、ブースタ、牽引ロープ、その他修理工具等)
ぜ嵶召聾饗Г箸靴道街垰臆端圓諒殕車両を使用する。

運転
.疋薀ぅ弌
ドライバーは原則としてその車両の所有者とする。もし、所有者以外の者が運転する場合は所有者、又は、リーダの指示によるものとする。
交代要員
やむを得ない場合を除き、車両一台につき必ず一名の交代要員を用意する。
コース
ドライバー、又は、リーダは、事前にコース概要、休憩場所等を計画し参加者に連絡する。
特に複数の車両を使用するときは、集合場所、給油、同乗者振り分け等について事前に打ち合わせをしておく。
(可能なら無線、携帯電話などを使用し連絡を取り合う)
ち行
最長2時間をめどに休憩、又は、ドライバーの交代を行う。
疲労などにより安全運転が遂行できないと思われたときは、いかなる場合も直ちに運転を中止する。
車両による移動中も、山行であるとの認識の元にリーダの指示に従う。
走行に関しては交通法規を遵守し、安全のための防御運転を心がける。
助手席の同乗者は常にアシスタントドライバーとしての認識を持ち、コース、時間など、ドライバーを適切に補佐する。

事故、故障、違反
〇故発生時には、ドライバー、又は、リーダの指示のもと、速やかに警察、消防などに連絡をとり適切に対処する。
(人身事故の場合は人命救助を最優先する)。
∋故発生時には警察の事故証明を必ず受ける。
事故に関しては基本的にはドライバーが第一当事者として対処し、それにより発生する費用は保険でまかなうものとする。もし、事故原因、その他の事情により、保険外の費用が発生した場合は参加者全員で均等分担を原則とする。
(事後にわだかまりが起きないように充分話し合いをする)
い覆鵑蕕の原因により車両故障などのトラブルが起き、それにより費用が発生したときは、同乗者の話し合いにより、車両の所有者負担、ドライバー負担、同乗者均等負担、又は、同乗者応分の負担とする。
ジ鯆粍稟燭糧蛎Ф發呂いなる場合でもドライバーの負担とする。
(当然、無理な時間短縮、急な進路変更、急停止など、ドライバーが違反を起こすような状況を同乗者は要求してはならない)
但し、駐車違反に関しては、その状況によっては話し合いの余地があり、参加者間で検討する。

移動費用
移動費用については参加者間の話し合いによりこれを決め、特に規定には定めない。

その他
当規定で解決不可能な場合はその都度当事者間、または、管理人にて検討する。




 

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 96人

もっと見る

開設日
2013年7月25日

1403日間運営

カテゴリ
趣味