mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 立憲主義を守る会

立憲主義を守る会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年3月28日 08:31更新

憲法とは何か―。
簡単にいうと、「国家権力を制限し、国民の自由を守る為の最高法規」です。

現行の日本国憲法99条には、以下のようになっています。
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」

この条文に従えば、憲法を守るべきは権力の側にいる人間、即ち国会議員・公務員・天皇などです。憲法を守るべきは彼らであって、国民には憲法を守る義務はないし、押し付けてはいけない。
これは、憲法の大前提であり、殆どの教科書に出て来る基本中の基本です。

政府を憲法の下に置き、国家の統治を憲法に基づいて行う―。
これが、立憲主義の原理・原則です。

しかしながら、昨今の憲法改正議論を見ると、立憲主義に真っ向から対立する、おかしな憲法草案が多数出てきています。

自民党が2012年4月に発表した憲法改正草案には、以下の様な条文があります。

第百二条 全ての国民は、この憲法を尊重しなければならない。

産経新聞が2013年4月に発表した、「国民の憲法」も同様です。

第一一二条◆々駝韻蓮△海侶法を遵守する義務を負う。

どちらも憲法遵守義務を国民に課しているという点で、立憲主義のイロハを弁えない、トンデモ憲法と言えます。

産経新聞案の作成に携わった西修・駒沢大教授に至っては「憲法が国家権力を縛る法という考えは古い。」などと憲法学者とは思えない発言をしています。

こういったトンデモ憲法論を監視し、時には声を挙げ、立憲主義を守らせることこそが、国民に課された義務であり、同時に権利でもあると考えます。

このコミュニティの趣旨は、「立憲主義を守ること」です。
護憲、改憲、論憲・新憲法制定などどのような立場をとる方であっても、「立憲主義を守る」という趣旨に賛同して頂ければ、参加は歓迎します。管理人は、どちらかと言えば改憲のスタンスです。また、立憲主義に基づいた内容となる限りは、憲法に国柄やその国の伝統・文化を織り込む事も絶対悪とは思っておりません。勿論、そういったものが強くなりすぎればそれは問題ですが…。

国民を憲法で縛りつけ、国家権力の暴走を許すような憲法改悪は絶対に許さない。

こういった声を、発信して行ければと考えています。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 11人

もっと見る

開設日
2013年5月21日

1496日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!