mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 橋本絵莉子&福岡晃子

橋本絵莉子&福岡晃子

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年1月24日 00:29更新

橋本 絵莉子(はしもと えりこ)

プロフィール 1983年10月17日生まれ、 徳島県徳島市出 身、血液型A型。 徳島市城東中学校 、徳島県立城東高等学校 卒 業。 ギター、ボーカル、ブルースハープ、ベー ス、ドラムほぼ全楽曲の作曲、一部楽曲の作詞 担当、リーダー。 愛称は「えっちゃん」「えりこ」など。 中学・高校時代と管弦楽部に所属してクラリ ネットを担当する傍ら、高校1年生の頃に兄の 影響でギターを始め、最初にコピーした曲 はHi-STANDARDの「New Life」であった。高校 2年生の時、最初からオリジナル曲を演奏する という目的のもと現在と異なるメンバーで チャットモンチーを結成する。その後にメン バーの脱退などがあり、現在も残っているオリ ジナルメンバーは橋本のみである。また、初め てライブを行った際の友人の「結構イケるん ちゃう?」の一言で自信を掴み、音楽の道に進 むことを決心する。その決心は固いものであ り、進学クラスに在籍していたにも関わらず、 高校3年生の模擬試験で志望大学欄を白紙で提 出するほどであった。バンドが軌道に乗るまで はコンビニエンスストアでアルバイトをして いた。 音楽のルーツについては、小さい頃か ら「民謡歌手になれ」と育てられていたとテレ ビ番組のインタビューで答えており、初め て“バンド”を意識したのは小学5年生の時に聞 いたシャ乱Qであったという。

ギターを「あぐらで弾きたい派」であり、プロ デューサーのいしわたり淳治 が「絵莉子、ハウ ス!」と布を敷くとその上で弾くことがあり、 関係者内ではその布を「ハウス」と呼んでい る。昔はレスポール派であったが、あらゆる人 に「似合わない」と言われたため、それから はテレキャスターを愛用していた。しかし、シ ングル「女子たちに明日はない」でレスポール を使用して以来、収録・ライブ共に状況に合わ せて様々なギターを使用している。

自身の度胸の無さを「砂団子のような心臓の持 ち主」と表しており [1] 、自他共に認める激しい 人見知りでもある。

使用機材 ギター Fender Telecaster Thinline(Black / 1973年 製)- 2人体制になってからのメインギ ター。本人曰く「一目惚れっちゃあ一目 惚れで買った。試奏する前から買うって 決めてた。」 American Telecaster(3-Color Sunburst)- コンデンサをオレンジド ロップに交換、配線材をオールドワイヤ に交換、2009年頃からピックガードを黒 に交換。コードを弾いたときの分離のよ さが特徴。 Road Worn '50s Telecaster(2-Color Sunburst)- 2009年頃から使用。2010年 に行われたU.S.Tourではこのギターを使 用した。American Telecasterに比べて ピックアップの出力が高いため、より歪 んだ音が特徴。 Duo-Sonic(Desert Sand / 1957年製)-一目惚れし、2012年5月頃に購入。 Custom Shop Telecaster(Gold)- 「ヒ ラヒラヒラク秘密ノ扉」などのカポタス トを使用する曲で使用。最近は使用して いない。 John Mayer Stratocaster(3-Color Sunburst)- 最近は使用していない。 Gibson Les Paul Custom(TV Yellow)- 色に一 目惚れして、2007年頃に購入。 Les Paul Special(Faded Cherry)- 主 に「世界が終わる夜に」のときに使用し ていた。最近は使用していない。 Tom Holmes BG Standard(Silver Sparkle)- きらき らひかれのPVで登場したギター。ライブ では主にきらきらひかれなど半音下げ チューニングの曲の際に使用している。 その他 Journeyman STV-AML - 最近は使用して いない。 Psychederhythm Standard-T(Teal Green Metallic)-「やさしさ」や「余 談」などのカポタストを使用する曲で使 用。ローディーが所有しているギター。 アコースティックギター 主に、K.YAIRIの特注品のエレアコを使 用。その他にもGibsonやK.YAIRIやSimon& Patrickなどの様々なアコギを使用してい る。 アンプ Divided by 13 JRT9/15 - 2008年の武道館 ライブからメインのアンプとして使用。パ ワー管は6V6側に設定して使用している。 VOX AC15HTVH Head / V112HTV Cab -2010年頃からサブアンプとして使用。満月 に吠えろのPVでは2台登場している。2人 体制になってからはDivided by 13と共にメ インアンプの1台として使用している。 TC Electronic RH450 - ベースアンプヘッ ド。オクターブ音を鳴らすのに使用。 TC Electronic RS410 - RH450のキャビネッ ト。 EDEN D210XLT - RH450のキャビネット。 主にこのキャビネットでマイク録りをす る。 Roland JC-120 - ドラムでのモニター用。 Marshall JCM800 - 2人体制になってか ら、主にレコーディングで使用。 MATCHLESS DC-30 (「MATCHLESS」と 書かれたパネル部分が、 「CHATMONCHY」に改造されている。)-2008年の武道館ライブ以前はメインアン プとして使用していたが、武道館ライブか らはサブアンプやテレビ出演時のみの使 用。2009年以降はテレビ出演でも全く使用 されなくなった。 二人体制になってからのライブでは音を太 くするために、メインのDivided by 13、サ ブのVOX、ベースアンプ、ドラムセット裏 のJC-120からギターの音を出し、それマイ ク録りしている。Divided by 13からは原音 +ループ音が、VOXからは原音のみが、 ベースアンプからはオクターブ音が、JC-120からはループ音のみが鳴るように設定 されている。 エフェクター Providence SOV-1 - メインの歪み。 XOTIC RC Booster - ソロ時のブースター。 BOSS RC-300(ルーパー)- 2人体制になって から使用。 KORG PitchBlack(チューナー) ELECTRO-HARMONIX MICRO POG(オクターバー)- 2人体制 になってから使用。ライブでは基本的に かけっぱなしで使用している。 Phantom FX Bread(歪み)- レコーディングで使 用。 FREE THE TONE シグナルスプリッター - 橋本仕様のカ スタム品で、2012年5月に完成。4系統の 出力があり、2系統の出力はグランドリ フトスイッチと位相切り替えスイッチが 付いている。 過去に使用していたエフェクター BOSS Keeley Electronics BD-2 Mod "Phat Tube" BOSS RE-20 BOSS DD-5 HUMAN GEAR VIVACE MAXON CS-550 Pro Co RAT2 Providence PEC-2 Providence HBL-2 KORG DT-10 Line6 DL4 Delay Line6 DM4 Distortion VOX V847 現在はハンドメイドのアナログディレイも 使用している。その他、多様な音作りのた めに様々なエフェクターを試している。二 人体制になってからは、ルーパーやオク ターバーも多用している。 マイクロフォン 2010年頃から SHURE KSM9(Charcoal Grey)を使用している。2011年現在、メイ ンのボーカルマイクである。以前 は、SHUREのBETA57AやBETA87A、SM58な どを使用していた。 ハーモニカ HOHNERのブルースハープを使用してい る。キーはAで、ハテナを演奏する際に使 用している。 ベース 福岡晃子の機材を使用。 ドラム 福岡晃子のドラムセットを使用。染まる よや恋愛スピリッツなど、橋本がドラム ボーカルで演奏する曲も少なくない。 ライブでは足下にパーカッションをセッティン グして足で鳴らしながらギターを演奏したり、 ギターを弾きながらハーモニカを吹いたり、 ベースボーカルやドラムボーカルに挑戦するな ど、以前に比べると格段に自由度の高い演奏を 披露している。

福岡 晃子(ふくおか あきこ)

プロフィール 1983年4月16日生まれ、徳島県徳島市出身、 血液型A型。 鳴門教育大学附属中学校 、徳島県立城東高等 学校、鳴門教育大学 卒業。 ドラム、ベース、アップライトベース 、キー ボード、コーラス、作詞、一部楽曲の作曲担 当。 愛称は「あっこ」「あっこびん」など。 中学時代にテレビで見た SUPERCARに感銘を受 け大ファンになり、ベーシストのフルカワミキ の影響でベースを始める。しかし、当初は楽器 が出来る友達が周りにおらず、1人で練習する 辛さからベースを一度挫折し、別のバンドでギ ターを担当していた。なお、初めてのライブは 友人と行ったthee michelle gun elephantのライ ブであった [2] 。高校時代に友人に誘われて行っ たチャットモンチーのライブで、普段は高校で おとなしい橋本が歪んだギター音を鳴らし叫ぶ ように歌う姿に驚愕し、以来チャットモンチー のファンになる。高校卒業を控えた3月に、自 分以外のメンバーが就職や県外への進学のため に脱退した事を橋本本人に告げられ、同時に ベースとして加入の誘いを受ける [3] 。ベースを 辞めてから年月が経ちほとんど弾けない状態 であること、自身の加入でチャットモンチーの 音楽性が崩れないかという心配などがあったも のの、憧れだったチャットモンチーに加入出来 る事を喜び加入する。大学進学後に、卒業論文 で自身の楽曲を使用した。尚、橋本と高橋とは 異なり、学生時代に管弦楽部及び吹奏楽部への 入部経験がない。

メンバーを「砂団子のギターに、モンキーのド ラム、私は黒髪になって更生した元ヤンキー」 と表現し、Wikipediaへの追記を求めたことが ある [4] 。

同じ事務所に所属する 依布サラサ とはよく一 緒に食事をする仲である。

使用機材 エレクトリックベース Psychederhythm Modern J-Bass #005(Black)- 2009年 から使用。メインのベースである。橋本 絵莉子も使用している。 Psychomaster Custom Bass #001(Emerald Fire Metallic)- 2010年か ら使用。オーダー品である。「Modern J-Bass #005」同様、メインのベースであ る。橋本絵莉子も使用している。リア ピックアップがハムバッカーなので、 Modern J-Bassに比べて太い音が出るの が特徴。 Fender Custom Shop Jazz Bass(Lake Placid Blue)-「Modern J-Bass #005」を購入す るまで、メインのベースであった。ま た、2010年に行われたU.S.Tourではこの ベースを使用した。過去にネック内部を 損傷している。 Precision Bass Old(3-Color Sunburst) Rickenbacker 4003 - 友人からの借り物。主にレコー ディングで使用。 Gibson V-Bass エフェクター KORG PB-01 - チューナー FREE THE TONE BASS DRIVE CONSOLE -福岡仕様のカスタム品でBASS BLASTERと BOOSTが組み込まれている。 Xotic RC Booster BOSS DD-20 アコースティックベース / アップライト ベース アコースティックベース Fender Acoustic BG29(Natural) K.YAIRIの特注品のアコースティック ベース アップライトベース Landscape Swing Bass Master - アコー スティックライブやYOU MORE“前線”ツ アーの「Boyfriend」を演奏する際に使 用。 ベースアンプ 現在使用しているアンプ TC Electronic RH450 - アンプヘッド。 2010年頃から使用。ギターのオクターブ 音を鳴らす際と、ベースアンプとして使 用する際の設定をプログラミングしてお り、すぐに設定を変えられるようになっ ている。 TC Electronic RS410 - キャビネット。 RH450と共に導入。 EDEN D210XLT - メインのキャビネッ ト。主にこのキャビネットでマイク録り をする。2009年頃から導入。 過去に使用していたアンプ Mesa/Boogie BASS 400+ & RD-1516 (「MESA/BOOGIE」と書かれたパネル 部分が、「MESSA/ACCO」に改造されて いる。)- キャビネットのみ、チャリ ティーオークションに出品された。 Ampeg SVT-5 PRO キーボード・シンセサイザー YAMAHA CP300 - 裏側に 「CHATMONCHY」とロゴが入っている。2 人体制になり、ライブでの使用が多くなっ た。 KORG microKORG - ドラムセット横に設 置している。ドラムを叩きながらキーボー ドを弾く際に使用。 ドラム TAMA Starclassic Maple(Sunny Yellow Lacquer / Black Nickel)- 2人体制になって から使用。 Drums 16"x22" Bass Drum 6.5"x14" Brass Snare Drum 9"x12" Tom Tom 15"x16" Floor Tom Hardware Iron Cobra Lever Glide Hi-Hat Stand (HH905) 1st Chair Drum Throne (HT730) ドラムセットは橋本絵莉子と折半で購入し た。 スネアはTAMAのスティール・スネア (14"×6")を使用している。 18インチの白いフロアタムをハイハット側 に設置している。 ドラムセットの後ろにRolandのJC-120を設 置しており、橋本のギターのループ音のみ が鳴るようになっている。 ライブでは曲によってドラム、ベース、キー ボード、ドラムを叩きながらキーボードを弾く など、橋本同様アクロバティックで柔軟なプレ イを披露している。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2012年12月1日

1606日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!