mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 雨宮処凛

雨宮処凛

雨宮処凛

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月1日 16:47更新

 プロフィール

1975年、北海道生まれ。

幼少期からイジメを受け、十代はリストカットと家出、ヴィジュアル系バンド追っかけに使い果たす。

21歳の時、右翼団体に入会。愛国パンクバンド「維新赤誠塾」でボーカルとして活動。99年、その活動がドキュメント映画「新しい神様」(監督・土屋豊)という映画になる。

00年、自伝「生き地獄天国」(太田出版)を出版、作家デビュー。以後、右は辞め、執筆活動に専念しながらも、北朝鮮、イラクへと渡航を繰り返す。「生きづらさ」「自殺」「戦場」を主にテーマとした小説、エッセイ多数。

著書に「自殺のコスト」(太田出版)、「暴力恋愛」(講談社)、「アトピーの女王」(太田出版)、「戦場へ行こう!〜雨宮処凛流・地球の歩き方〜」(講談社)、「EXIT」(新潮社)、「ともだち刑」(講談社)、「悪の枢軸を訪ねて」(幻冬舎)、「すごい生き方」(サンクチュアリ出版)、「バンギャルア ゴーゴー」(講談社)など。

現在は新自由主義の中、生活も職も心も不安定さに晒される人々(プレカリアート)の問題に取り組み、取材、執筆、運動中。非正規雇用を考えるアソシエーション「PAFF」会員、フリーター全般労働組合賛助会員、フリーター問題を考えるNPO「POSSE」会員、心身障害者パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」名誉会長、ニート・ひきこもり・不登校のための「小説アカデミー」顧問。06年7月より「週刊金曜日」で書評委員をつとめる。

現在、「BIG ISSUE」で「世界の当事者になる」を連載中。07年1月号「群像」にて連載「プレカリアートの憂鬱」が始まる。




年表


1975年 北海道生まれ。
1993年 上京。
1994年 人形作家吉田良一氏に師事。
1996年 バンド姫処凛結成。その後民族主義に覚醒、超国家主義「民族の意志」同盟意志の会に入会。
1997年 オウム・右翼・左翼・在日・精神病患者などの皆さんと一緒にイベント「平成のええじゃないか」を主催。
三回にわたってイベントを行う。
1998年 愛国パンクバンド「維新赤誠塾」結成。
1999年 土屋豊監督のドキュメント映画「新しい神様」撮影。
2000年 渋谷ユーロスペースにて「新しい神様」レイトロードショーにて12週間のロングラン上映。
その後アップリンクファクトリーにてアンコール上映。
自伝的エッセイ「生き地獄天国」(太田出版)出版。愛国パンクバンド「大日本テロル」結成。
2001年 大日本テロル解散。執筆活動に専念。
2002年 「自殺のコスト」(太田出版)、「暴力恋愛」(講談社)出版。



公式HP
http://www3.tokai.or.jp/amamiya/
ブログ
http://www.sanctuarybooks.jp/sugoi/blog/

コミュニティにつぶやきを投稿

アンケート

参加メンバー 1424人

もっと見る

開設日
2004年11月19日

4405日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!