mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 宇都宮健児を応援

宇都宮健児を応援

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年11月4日 14:31更新

日弁連前会長宇都宮健児さんが脱原発候補として立候補を決めてくれました。
閉塞した都政を変えるため、勝利してもらいたい。
みんなで脱原発統一候補として応援しましょう。

宇都宮健児とは

愛媛県東宇和郡高山村(現西予市明浜町)田之浜に傷痍軍人の長男として生まれる[1]。故郷の田之浜は江戸前期に開発された半農半漁の地だった。1955年、一家で大分県国東半島に開拓入植[1]。

1959年、熊本県に住む母方の叔父の元に預けられる。中学、高校、大学と卓球部に所属した[1]。1965年、熊本県立熊本高等学校卒後、東京大学入学、駒場寮で暮らす[1]。

1968年、司法試験合格[1]。1969年東大を中退して[2]司法修習生となり、1971年、弁護士登録(東京弁護士会)[1]。岡安法律事務所に入所。1979年、佐藤法律事務所に入所。1983年、宇都宮健児法律事務所を開設[3][4]、後に東京市民法律事務所とする[5]。

2010年、日弁連会長選挙に立候補。元副会長の山本剛嗣との選挙戦となる。2月5日の投票で、得票数では山本に及ばなかったが、全国に52ある弁護士会のうち地方を中心とする42会で山本を上回る。同選挙においては、最多得票者が全国の3分の1以上の会においてそれぞれ最多票を得なければ当選できないという規定(日弁連会則61条2項)があるため、初の再投票となる。3月10日の再投票では宇都宮が山本を上回る得票を獲得し、かつ46会で最多票を得て当選した[6]。

2012年、史上初の会長再選を目指して再び会長選挙に立候補。異例の3度にわたる投票の結果、元副会長で東京弁護士会所属の山岸憲司に敗れ、再選は成らなかった[7]。

wikiより

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 175人

もっと見る

開設日
2012年11月9日

1866日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!