mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > ビブリア古書堂の事件手帖(TV)

ビブリア古書堂の事件手帖(TV)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月4日 04:10更新

リアルタイムの放映は終了しました。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4015978←テレビ番組の総合コミュにも、
コメントお願いします!(参加するとコメントできます)


三上延の小説シリーズ『ビブリア古書堂の事件手帖』がついにTVドラマ化!

フジテレビ系列にて2013年1月14日(月)より放送開始。主演の剛力彩芽はゴールデン連続ドラマ初主演。


  原作からの改変点

原作とは別の映像作品として成立しています。

主人公の栞子からして、原作小説では色白でお嬢様タイプの顔立ち、黒のロングヘアー、体は華奢だが巨乳といった特徴で描写されているが、これらは演じる剛力彩芽の天真爛漫なイメージと異なる面があるだけでなく、実際ドラマ上で原作とは全く雰囲気の違った容姿で登場する。声優の池澤春菜が自身のTwitter上でこの配役に困惑を示すなど(のちに当該のツイートは削除された)、原作の愛読者から驚きの声が上がったほど。
剛力彩芽自身も「栞子のイメージ像を全部覆そうかと思っています。撮影も髪の毛が短いままで行く予定」と発言しているが、撮影では感情を表に出さず「笑わない」演技をスタッフに指示されていると語っている。

志田はホームレスではなく、ビブリアの一室を倉庫兼寝床として暮らす設定に変わっていて、原作では苗字だけだったが、肇という名も与えられている。原作では栞子と大輔の2名が謎に挑む展開であったが、ドラマでは志田を二人の推理や関係に影響を与えるキーパーソンとして投入し、「謎解きトリオ」としてのイメージを作品のメインにしていくようです。

五浦大輔は原作では強面とされているが、そちらでは使っていないメガネを掛けた青年になり、演じるAKIRAは「原作よりも少し清潔感のあるイメージ」「現代っ子かつ楽天的なキャラクター」という印象を述べている。

栞子の妹である文香は設定が男性化して弟の文也が登場する。


※誹謗中傷のコメントは削除依頼が殺到しますので、ご遠慮ください。


  主なキャスト

篠川栞子 - 剛力彩芽
五浦大輔 - AKIRA(EXILE)
笠井菊哉 - 田中圭
藤波明生 - 鈴木浩介
横田奈津美 - 北川弘美
篠川文也 - ジェシー(ジャニーズJr.)
小菅奈緒 - 水野絵梨奈(FLOWER)
佐々木亜弥 - トリンドル玲奈
橋本さやか - 内藤理沙
篠川千恵子 - 安田成美
五浦恵理 - 松坂慶子
志田肇 - 高橋克実


脚本:相沢友子
演出:松山博昭、宮木正悟
プロデュース:小原一隆、藤野良太
主題歌:E-Girls「THE NEVER ENDING STORY」(rhythm zone)
1985年の映画『ネバーエンディング・ストーリー』の主題歌だったリマールの同名曲のカバー。
制作:フジテレビドラマ制作センター
制作著作:フジテレビ


  原作について

原作はメディアワークス文庫で初のミリオンセラー作品となり、累計発行部数は第3巻が発売された時点で300万部を突破しました。

2012年本屋大賞にノミネートされています(文庫本のノミネートは初)。

2つの漫画版が連載中。一つは角川書店の漫画雑誌『アルティマエース』、『月刊Asuka』版(作画はナカノ)。もう一つは講談社の漫画雑誌『good!アフタヌーン』版(作画は交田稜)。

神奈川県北鎌倉を舞台としていて、地名は実在のものを用いていますが、ビブリア古書堂の店舗や登場人物はフィクション。矛盾が出ないように地元出身の登場人物がどこの高校に通っていたか設定していて、学校名は架空(ただし実在の高校をモデルにしている)。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 174人

もっと見る

開設日
2012年10月24日

1613日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!