mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > マンハッタン少年日記

マンハッタン少年日記

マンハッタン少年日記

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月23日 22:27更新

「マンハッタン少年日記」
ジム・キャロル作、梅沢葉子訳(晶文社)

ジム・キャロル作の自伝的青春小説。
レオナルド・ディカプリオ初主演作「バスケットボール・ダイアリーズ」の原作で、映画がきっかけで知った方もいると思います。

************************

ぼくの日記の中には偉大なヒーローがいる。
それは、ほんとうにクレイジーなこのニューヨークの街さ−少年バスケットボールのスター・プレイヤー、ジムは、ドラッグ中毒。ヘロインを買うためだったら何でもする。かっぱらい、強盗、ホモ売春。それでとうとう少年院送り。60年代ニューヨークの袋小路で、少年ジムの出会ったありとあらゆる出来事が、いまここに生き生きとよみがえる。ジム・キャロル13歳から16歳までの日記。

ジム・キャロル 1950年ニューヨーク生まれ。詩人でロックンローラー。22歳のとき出版した3番目の詩集がピューリッツァ賞にノミネートされる。その後ヘロイン中毒の治療のため、山中にひとり籠もって療養生活を送る。1980年に偶然のきっかけからロックン・ローラーとしてデヴュー。1967年にこの日記がはじめて雑誌に掲載されたとき、J・ケルアックは次のような賛辞を送った。「わずか13歳で、今の文壇で活躍している89%以上の作家たちよりも質の高い散文を書いている」

************************

「マンハッタン少年日記」あるいはジム・キャロルのファン、集まれ!

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 72人

もっと見る

開設日
2006年2月2日

3957日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!