mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ジャチント・プランデッリ

ジャチント・プランデッリ

ジャチント・プランデッリ

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年2月24日 12:13更新

20世紀イタリアを代表するリリック・テノールの一人、ブレシア出身の偉大な芸術家で、日本にも数多くのお弟子さんがいるジャチント・プランデッリのコミュニティです。彼の業績を語り継いでいきたいと思います。
プランデッリに師事された方々のご投稿をお待ちします。

Giacinto Prandelli (February 8, 1914 – June 14, 2010) was an Italian operatic tenor, particularly associated with the Italian and French repertoires.

Life and career
Born in Lumezzane, Italy, Prandelli sang as a boy in a church choir. He studied in Rome with Fornarini, and in Brescia with Grandini, and made his stage debut at the Teatro Donizetti in Bergamo, as Rodolfo, in 1942.

He made his debut at the Rome Opera in 1943, as Alfredo, he then appeared in Bologna, Genoa, Florence, Cagliari, Palermo, Catania, and made his debut in Milan, at the Teatro Lirico, as Rinuccio, in 1944. He sang the solo tenor part in Beethoven's Ninth Symphony, under Arturo Toscanini in 1946.

In the early 1950s, he began an international career, appearing in Monte Carlo, Barcelona, Lisbon, Buenos Aires. He made his Metropolitan Opera debut in 1951, his San Francisco Opera debut in 1954, and his Lyric Opera of Chicago in 1956.

He excelled in Italian and French lyric roles, such as; Edgardo, Duca di Mantua, Alfredo, Enzo, Rodolfo, Pinkerton, Cavaradossi, des Grieux, Werther, Gounod's and Boito's Faust, etc. He also sang in many contemporary works by Alfano, Wolf-Ferrari, Menotti, Respighi.

ウィキペディアより転載

関連キーワード:テノール イタリア 音楽 オペラ 歌唱芸術 スカラ座 ブレシア ミラノ パッサージョ

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2012年9月6日

1550日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!