mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > テラヘルツ波の体験

テラヘルツ波の体験

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月5日 06:52更新

最近、国内において、ガン細胞消滅用としてのテラヘルツ波の効用が口コミで広がり始めています。
そして、管理人の私の友人の技術者が開発したテラヘルツ波を放つビーズが、乳癌等からの解放に役立ちつつあり、実際に活用された方々の体験が集まりつつあります。
そこで、このコミュニティでは、テラヘルツ波についての知識を深め、実際にこれを癌等難病からの解放に役立てられた方々の体験を公開して、いざという時の皆様の健康維持に少しでも貢献すれば幸いであるとの目的で開設致しました。
ウィキペディアによりますと、テラヘルツ波とは、以下の通り説明されていますので、抜粋を掲載いたします。
「テラヘルツ波(テラヘルツは)とは電磁波の一分類である。
周波数1THz(波長300µm)前後の電磁波を指す。範囲についての明確な定義はないが周波数100GHz〜10THz(波長30µm〜3mm)としたり、ミリメートル波の次に短波長の周波数300GHz〜3THz(波長100µm〜1mm)帯を指したりする。
波長 mm以下のサブミリ波をほぼ含み長波長側はミリメートル波、広義のマイクロ波と重なり短波長側は遠赤外線と重なる。
光波と電波の中間領域に当たり、光学測定系の構築が可能と言う特長を持つ。また、分子結晶などの固有の振動周波数が存在する。
発生と検出が困難であるため、非破壊検査や宇宙観測などでの応用にようやく緒がついたところである。
なお、日本の電波法では第2条で300万MHz(=3000GHz=3THz)以下の周波数の電磁波を「電波」と定義している。
この電磁波を利用した技術に、テラヘルツ時間領域分光法がある。電磁波の発生と検出には光伝導アンテナや電気光学結晶を用いることにより、電磁波の位相と振幅を検出することが可能である。」
以上がウィキペディアによる説明です。
他方、友人の技術者によりますと、彼が開発したビーズは、人と同じ波長帯の電磁波を放出していることと、人間の細胞内でエネルギーを作るミトコンドリアの1秒間の回転数1兆と同じ回転をするテラヘルツ領域の電磁波が放出されていることの2点が特徴であり、かつ、優れているところであると述べています。
この領域のテラヘルツ波が放出されることで、人間の血液や体液が共振共鳴して、エントロピーが増大し、血液・体液が細かく砕けてサラサラ状態になる由です。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 179人

もっと見る

開設日
2012年7月23日

1768日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!