mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学校 > 練馬区立三原台中学校いじめ自殺

練馬区立三原台中学校いじめ自殺

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月12日 10:48更新

平成19年9月13日。

中2の男子生徒が学校内でのいじめにより、自宅の浴室で自ら命を絶った。
校長の石原正義(現 練馬区立貫井中学校校長)、副校長の真々田透(現 大泉第二中学校校長)をはじめ学校の教職員たちは事実を隠蔽するため、在校生徒に圧力をかけた。

その圧力は、これから高校進学を控えている生徒たちにとっては、内申書に関わる十分すぎる脅しであった。

事件後、いじめに関する証言が次々に出てきたため、ご遺族は学校に対し事実の公表と調査をお願いしたが、石原校長は調査すらせず、いじめはなかったと断言。
練馬区教育委員会の原田承彦も校長の判断は正しい、自殺の原因は把握しているが言えない、と理解に苦しむ返答しか出来なかった。
このことから「練馬区」として事件を闇に葬り去ることは誰の目から見ても明らかなのである。

ご遺族は勿論、NPO法人ジェントルハートプロジェクトも動いたが、
学校も教育委員会も警察も「見えないチカラ」に導かれ、いじめはなかったと不問となる。

しかし、平成21年10月16日号講談社FRIDAYがスクープ。
「事件」は限りなく黒に近いグレーのまま今日に至っている。

何かしらの情報をお持ちの方はどんな小さなことでも構いませんのでお知らせ下さい。
もう一度、この事件に光をあてたいのです。
亡くなった彼の無念さを晴らしたいのです。
真実はひとつしかありません。

あなたの心に「正義」の欠片があるなら、勇気を持って下さい。

学校関係者だけではなく、三原台中学の同級生、橋戸小学校からの友達、マメックスのサッカー仲間・・・・・

あなたの「良心」に問いかけます。

一生心のどこかに釈然としないまま、この問題を抱え生きていきますか。

それとも、人として自分と向き合いケジメをつけますか。

真実はひとつです。それは、あなたの心の中に存在します。

一緒に笑った、一緒に泣いた天国にいる「友達」の悲しみを苦しみを、理解してあげて下さい。お願いします。


この道がたとえどんなに困難な道であろうとも、僕は進みます。


『目の前にあるのは壁ではない。輝かしい未来への扉なのだ』


さあ、行きましょう



練馬区立三原台中学校      03-3925-9564
練馬区立貫井中学校       03-3990-6412
練馬区立大泉第二中学校     03-3922-0165
練馬区教育委員会 教育指導課  03-5984-5759
光が丘警察署 捜査課      03-5998-0110

※上記施設名及び連絡先は開示時に公知であるもので、個人情報、企業情報、秘密情報等には該当しない。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2012年6月21日

1859日間運営

カテゴリ
学校
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!