mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > みんなの絵本研究会(仮)

みんなの絵本研究会(仮)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年4月21日 10:04更新

2012年4月某日
暫定で管理人になりましたが、私はあまり絡めなく、居るだけになるでしょうから
もし引き受けても構わないという方がいましたら連絡下さい。


〜以下、前管理人から〜

「みんなの絵本研究会(仮)」へようこそ
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【更新情報】

■管理人の不定期連載を更新しました。(2008.2/6)

■新着おすすめレビューを更新しました。(2008.1/2)
マルセル・パコ『キリスト教図像学』白水社。ミシェル・フイエ『キリスト教シンボル事典』。ウンベルト・エーコ『美の歴史』東洋書林。エルヴァン・パノフスキー『イコノロジー研究』上下筑摩書店。ルーロフ・ファン・ストラーテン『イコノグラフィー入門』ブリュッケ。ウォルター・クレイン『書物と装飾』国文社など。

■「メモ」に新しいリンクをはりました。(2007.12/19)
前川 修
「視覚文化研究についてのアンケート(『オクトーバー』誌77号1996年夏より)」
絵本のような視覚表現を分析する研究が抱える問題について、
視覚文化研究の研究者たちが述べた意見をまとめています。

■絵本研究の参考になりそうなイベント情報を更新しました。(2007.9/16)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【おもなトピックス】(今のところ管理人のたてたものとして)

■はじめまして 自己紹介
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=4346197&comm_id=601454

■おしゃべり
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=5069805&comm_id=601454

■イチオシ!おすすめ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=4774141&comm_id=601454

■絵本研究の参考になりそうなイベント
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=4346421&comm_id=601454

■管理人の不定期連載: 絵本研究 うひやまふみ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=4369486&comm_id=601454

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【まずはじめに】

近年の絵本は、子どものためのものから大人も楽しめるものへと変化してきており、学術研究の分野でも絵本研究が注目されるようになってきています。

たとえば、従来の行われてきた教育学観点や美術的観点に加え、文学の観点からも絵本を研究する試みがなされており、その研究手法は多様化しています。

また、絵本研究を目的とした学術学会も設立されるなど、絵本研究者の取り組みも本格化してきています。

しかしそのいっぽうで、新しい研究分野ということもあり、絵本研究が発展途上のさなかにあることはぬぐいきれない事実であるといえます。

そこで言語と視覚という二つの異なる表現媒体が織りなす絵本をさまざまな学術的分野から考察し、意見交換が出来る場所として当コミュニティーの発足を考えました。

この場へ集うことによって、絵本への造詣がさらに深まり、絵本研究の輪が広がることを切に願うしだいであります。



【絵本研究会の活動】

「みんなの絵本研究会(仮)」は子どもの頃に読んだ絵本がいまでも大好きな大人を歓迎しています。

絵本を研究している人に限らず、これから絵本研究をはじめたい人、絵本にたいして何かしらの考えがある人、絵本への興味をさらに深めていきたい人などもどしどし参加してください。

ただし参加を考えている方の中には、絵本研究の内容に不明な点が多々あると思われます。

しかし当コミュニティーでは、学術的な視点だけにとらわれず、気軽な話題から難しい問題まで、絵本に関する幅広い意見交換をしていただきたいと考えています。

つまりここでは、基本的に「大人になった自分はどのように絵本を読むのか?」という大人の視点から絵本論を語っていただければ結構です。



【トピックスについて】

「みんなの絵本研究会(仮)」では幅広い問題提起を求めています。そのためあえて活動内容を抽象的な範囲にとどめて紹介しておきました。

参加者のみなさんは自由にトピックスを立てていただいて結構です。また、管理人からも絵本研究に関する話題を提供したいと思います。

絵本研究に携わっている方、これから始めようとしている方、絵本に興味のある方などからの話題・情報提供をお待ちしています。



【トピックスの一例】

?情報提供系
「絵本関連のイベントや展覧会の紹介」「おすすめ絵本専門店・絵本コーナー」「絵本研究のための施設」「おすすめ絵本研究書」

?相互研究・意見交換系
「絵本の概念を定義してみよう」「この場面の表現手法がすごい!」「映画と絵本」「モーリス・センダックの『かいじゅうたちのいるところ』をポストモダンの概念から読む(作品読解について)」「絵本研究に応用できる理論の紹介」「絵本研究のための基本的知識」

?研究についての質問系
「絵本研究をどのようにすすめればよいでしょうか?」
「研究手法について迷ってます」「絵本研究に取り組んでいる学校はどこですか?」

?創作系
「絵本作家への道」「絵本創作を実践している学校の紹介」
                  ・・・など。



【注意】

基本的なことですが、利用マナーを守りましょう。

1、絵本の著作権を侵害する恐れのある行為はおこなわないこと。
(学術研究の枠内での引用などは認められていますが、
作品の絵を電子情報として載せる行為は著作権侵害の恐れがあります。絵本作品の研究利用には明確なガイドラインがないので注意が必要です。)

2、このコミュニティの主旨に反しているもの、またはトラブルを起こす可能性のあるものは、事前通告なしに削除することがあります。

3、また投稿された情報の信憑性や内容には、一切責任を負いません。なるべく信憑性の高い情報発信の工夫をお願いします。(たとえば確かな引用情報を明記するなど。)

4、個人団体などへの誹謗中傷、荒らす行為、他のメンバーに明らかに迷惑をかける書き込みは、削除または退会していただくことがあります。

5、当コミュニティーの利用をめぐって、参加者間にトラブルが起こった場合、管理人は一切の責任を負いません。

以上ご了承ください。

みなさんの心地よい利用ができるよう、ご協力よろしくお願いします。

みなさんの参加をお待ちしています。


ちなみに画像は絵本で埋め尽くされた研究室の本棚です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【絵本研究に役立つ理論】

■Semiotics for Beginners -初心者のための記号論-
http://www.wind.sannet.ne.jp/masa-t/index.html
※ヴィジュアル・リテラシーに用いられる記号論について紹介した入門。

■西田谷洋's Web Page
http://homepage2.nifty.com/nishitaya/index.htm
※近代文学理論を講義ノート形式で掲載。ストーリーの構造を理解する手段として「比較・理論文学入門」のページが役立ちます。

■Calendar English 271 Fall 2004
http://lilt.ilstu.edu/kscoat2/271/271_calendar.htm
※イリノイ州立大学カレン・コーツ博士の「How to Read a Picture Book(絵本読解入門)」はここから入手できる。(英語・パワーポイント)
※マイクロソフトのパワーポイントがない方は、以下の無料ソフト「OpenOffice.org」の最新版をダウンロードしてください。「Impress (プレゼンテーション)」というソフトを使えば、ファイルを開くことができます。
OpenOffice.org
http://ja.openoffice.org/

■The On-Line Visual Literacy Project
http://www.pomona.edu/Academics/courserelated/classprojects/Visual-lit/intro/intro.html
※視覚表現読解の理論をまとめた入門。(英語)

■Visual Literacy & Picture Books
http://falcon.jmu.edu/~ramseyil/picture.htm
※視覚表現・絵本研究のリンク集。(英語)

■ギリシアの図像学
http://www2.ocn.ne.jp/~greekart/icon/intro1.html

■prof.Fの西洋建築史講義
http://www.pallanoia.org/lecture/?chapter=1§ion=6&term=3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【絵本研究・創作団体ホームページ リンク集】

最近、絵本研究を行う団体が増えてきました。参考までにどうぞ。

また、いずれのホームページもリンクが充実しております。

■日本児童文学学会
http://www.jscl.internet.ne.jp/

■絵本学会
http://ehongaku.musabi.ac.jp/

■特定非営利活動法人 絵本・児童文学研究センター
http://www.ehon-ej.com/
※特定非営利活動法人ブックスタートはこちら。

■IBBY(国際児童図書評議会 The International Board on Books for Young People )
http://www.ibby.org./
※赤羽末吉や安野光雅が受賞した国際アンデルセン賞の運営団体。

■JBBY(社団法人日本国際児童図書評議会 Japanese Board on Books for Young People)
http://www.jbby.org/

■日本児童文学者協会
http://www.jibunkyo.or.jp/

■日本児童美術家連盟
http://www.dobiren.org/

■子どもの本 日本児童図書出版協会
http://www.kodomo.gr.jp/

■国際デジタル絵本学会
http://www.e-hon.jp/idea/index_id.htm

■武蔵野美術大学資料図書館
http://www.musabi.ac.jp/library/

■白百合女子大学児童文化研究センター
http://www.shirayuri.ac.jp/childctr/index.html

■梅花女子大学図書館
http://www.baika.ac.jp/~lib/

■日本児童教育専門学校
http://www.jje.ac.jp/

■板橋区立美術館
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/
※毎年ボローニャ国際絵本展を開催。

■世田谷文学館
http://www.setabun.or.jp/

■国際子ども図書館
http://www.kodomo.go.jp/index.jsp
※データベースでは国際子ども図書館、東京都立多摩図書館、大阪府立国際児童文学館、梅花女子大学図書館、神奈川近代文学館の蔵書が検索できる。

■東京都立多摩図書館
http://www.library.metro.tokyo.jp/14/index.html
※児童書14万冊という国内随一の蔵書量をほこる。

■大阪府立国際児童文学館
http://www.iiclo.or.jp/default.htm
※国内の古い絵本が所蔵されている図書館。

■九州大学子どもプロジェクト「絵本カーニバル」
http://kodomo-project.org/

■NPO法人「絵本で子育て」センター
http://www.holpforum.com/kosodate/kosodate01.html

■カスチョールの会
http://www.terra.dti.ne.jp/~rarara/index.html

■佐々木宏子の絵本研究室
http://www.tv-naruto.ne.jp/sasakih/

■kanoon(青少年知育協会)(英語・アラビア語)
http://www.kanoonparvaresh.com/flash/orange.html
※イランの創作団体。絵本や映画制作などの活動をしている。

■絵本創作&絵本研究集団e-hon
http://www.geocities.jp/e_hon2004/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【絵本研究に役立つデータベース リンク集】

■子どもの心を理解する絵本データベース検索
http://www.lib.naruto-u.ac.jp/jidou/ehonj.html
※幼児教育研究系の絵本データベース。

■千葉県立中央図書館所蔵 点訳絵本目録
http://www.library.pref.chiba.jp/tenyakuehon.html

■やまねこ翻訳クラブ
http://www.yamaneko.org/info/index.htm
※海外児童文学賞受賞者、作家や翻訳家のリストがある。絵本の書評もあり、何かと便利なサイト。

■絵本データベース
http://www.childrensmuseum.jp/ehon-muse/catalog/ctlg_top.html

■出版文化研究会
http://members.jcom.home.ne.jp/tn_delamancha/shuppan_frame.html
※出版にまつわるあらゆる情報を蓄積したリンク集ホームページ。「子どもの本参考文献−絵本・児童文学・児童文化にふれて−」というデータベースがある。

■現代美術用語辞典インデックス
http://www.artgene.net/library/artworddata/index.php
※20世紀以降に展開した美術用語を検索できる辞典。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【その他】

■復刊ドットコム
http://www.fukkan.com/
※絶版した絵本をもう一度読みたい!そんなあなたはこちらへ。

■子どもの本の古本屋 みわ書店
http://miwa.jimbou.net/catalog/index.php/cPath/900
※東京都内の老舗児童書専門古本屋。古い絵本は現存するものが少ないため、古本屋から入手する必要あり。

■東海女子大学デジタル絵本コンクール
http://www.tokaijoshi-u.ac.jp/~ehon/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【WEB上の絵本論】

■上田修一ホームページ
http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/
最近の発表/学会発表/「眼球運動からみた子どもの絵本の読みと理解」
http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/coe/ehon0501.pdf

■センダックのいわゆる三部作について
(武蔵野女子大学文学部英米文学科紀要 1987)
http://www.shosbar.com/works/crit.essays/sendak.html

■Maurice Sendak (b. 1928)(英語)
http://www.northern.edu/hastingw/sendak.htm
モーリス・センダックの創作活動をまとめたNorthern State UniversityのDr. Wally Hastingsによるサイト。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メモ】

■ヴィジュアル・リテラシーの定義
コダック社のジャック・デーブスはヴィジュアルリテラシーの4つの原則について以下のように述べている。(Debes,1968)

1、視覚的言語が存在すること
2、視覚的に考えたり行動したりできること
3、視覚的に学ぶことができること
4、アイデアを視覚的に表すことができること

■安川 一 「ヴィジュアル表現の社会学へ」『言語』(大修館書店)27(8): 10-16.
http://ofc-hjm.misc.hit-u.ac.jp/hjm/MyDesk/Bib/1998a.html

■前川 修(まえかわ おさむ)神戸大学文学部(芸術学)准教授、文学課程博士、写真論、視覚文化論、芸術学
「視覚文化研究についてのアンケート(『オクトーバー』誌77号1996年夏より)」
http://homepage1.nifty.com/osamumaekawa/october77.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
随時、みなさまの情報をお寄せください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=4774141&comm_id=601454

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 249人

もっと見る

開設日
2006年2月1日

4163日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!