mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 【脚本家】山本むつみ

【脚本家】山本むつみ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月21日 16:51更新

NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」、NHKBSプレミアム「塚原卜伝」、MHK金曜時代劇「御宿かわせみ」などで知られる山本むつみさんのコミュです。

2013年からはNHK大河ドラマ「八重の桜」を手がけます。

山本さん脚本のドラマが好きだという方、是非参加して一緒に話しましょう!

【プロフィール】
北海道旭川北高等学校から北海道大学教育学部に進学し、卒業後は、東京で編集者をしながら、シナリオ・センター「シナリオ作家養成講座」を受けた。2001年、『川留め騒動始末』の脚本がBKラジオドラマ脚本賞佳作に選ばれ、翌2002年、四国放送公募の入選作『阿波藍の唄が聴こえる』が開局50周年記念ラジオドラマとして放送された。

2003年、第31回NHK創作ラジオドラマ脚本懸賞に『唐木屋一件のこと』で応募し、最優秀賞を受賞。その受賞をきっかけに翌2004年、『御宿かわせみ』でテレビドラマの脚本家デビュー。その後も編集者と脚本家を兼業したが、2006年の『結婚式へ行こう!』より脚本家専業に。2010年前期のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で広く注目を集め、翌2011年に2013年放送予定のNHK大河ドラマ『八重の桜』で脚本を担当することが発表された。


【主な作品】
〜テレビドラマ〜
『御宿かわせみ〜第二章〜』(2004年、NHK)
『慶次郎縁側日記(1)』(2004年、NHK)
『御宿かわせみ〜第三章〜 』(2005年、NHK)
『秘太刀 馬の骨』(2005年、NHK)
『慶次郎縁側日記(3)』(2006年、NHK)
『結婚式へ行こう!』(2006年、TBS)
『トップセールス』(2008年、NHK)
『元気を出して』(2008年、TBS)
『ゲゲゲの女房』(2010年、NHK)
『塚原卜伝』(2011年、NHK BSプレミアム)
『大地のファンファーレ』(2012年、NHK)
『八重の桜』(2013年、NHK)

〜ラジオドラマ〜
『阿波藍の唄が聴こえる』(2002年、四国放送、ギャラクシー賞奨励賞)
『唐木屋一件のこと』(2003年、NHK-FM)
『不思議屋不動産』(2003年、NHK-FM)
『成田屋おまつ』(NHK-FM)
『明治おばけ暦』(2007年、NHK-FM 放送文化基金賞優秀賞受賞)

〜舞台作品〜
『明治おばけ暦』(2011年・12年、劇団前進座)

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2012年6月5日

1816日間運営

カテゴリ
テレビ番組
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!