mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 北條民雄

北條民雄

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年8月27日 13:46更新

北條民雄。

大正3年(1914年)9月22日〜昭和12年(1937)年12月5日
ハンセン病となり隔離生活を余儀なくされながら、自身の体験に基づく名作『いのちの初夜』などを遺した。

本名非公開。日本の統治下にあった朝鮮の首都京城(けいじょう、現・ソウル)に生まれ、徳島県那賀郡に育つ。小学校高等科卒。上京し、薬問屋の住み込み、臨時工などで働きながら法政中学夜間部等で学ぶ。昭和8年(1933年)にハンセン病発病、翌年東京府北多摩郡東村山村の全生園に収容される。早くから文學に関心を持ち、入院後本格的に創作を開始した。『間木老人』で川端康成に注目され、彼を師と仰いだ。1936年『いのちの初夜』で第2回文學界賞を受賞。その他に『癩家族』『癩院受胎』などの作品を遺したが、結核のため夭折した。

受賞歴・候補歴
第2回文學界賞(昭和11年/1936年)『いのちの初夜』
|候補| 第3回芥川賞(昭和11年/1936年上期)『いのちの初夜』



今まで読んだ小説のなかで、一番衝撃的だったのが『いのちの初夜』でした。
これは、日本文學史上でひときわ特異な光を放つ、貴重な遺産だと考えています。
もちろん文學としても素晴らしいけれど、文學に留まらず、ひとつの記憶として留め残すべきものとおもいます。
遺憾ながら、北條民雄の作品は、比較的手にとりやすい文庫では絶版となっていますが、ネットでは読むことができます。
ささやかであっても、北條民雄を遺す力になれたら、と願っています。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2012年4月11日

2017日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!