mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 天平三戒壇院と唐招提寺、etc.

天平三戒壇院と唐招提寺、etc.

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年11月8日 13:22更新

日本に仏教が伝わったのは538年であるが、その際に伝わった戒律は、不完全なものであった。当時、出家は税を免除されていたため、税を逃れるために出家して得度を受けない輩(私度僧)が多く、出家といえど修行もせず堕落した僧が多かった[1]。そのため、唐より鑑真が招かれ、戒律が伝えられた。この戒律を守れるものだけが僧として認められることとなった。その結果、仏教界の規律は守られるようになった。鑑真は754年、東大寺に戒壇を築き、同年4月に聖武天皇をはじめ430人に授戒を行なった。これが最初の戒壇である。その後、東大寺に戒壇院を建立し、筑紫の大宰府の観世音寺、下野国(現在の栃木県)の薬師寺に戒壇を築いた(天下の三戒壇)[2]。  Wikipediaより転載

聖武天皇はお坊さんではないので、彼が鑑真和上より授かった戒律は在家の戒です。
(ちなみに天皇は神官でも神職でもないが、それらの仕事の人々が仏教の戒律を受けることはもちろん可能であるし、そのような例少なくない。)

この戒壇院のうち建物が残るのは筑紫の戒壇院と東大寺の戒壇院です。

<東大寺>
最初にできた東大寺戒壇院は建物自体は何度か再建されながら明治維新までまがりなりにも機能していたが、神仏分離令の凶行と並んで維新政府の犯罪的な施策の一つである律の否定により機能を停止したまま現在に至っている。

<観世音寺>
筑紫の戒壇院は18世紀に藩主との関係を深めた禅宗寺院によって既に弱体化していた観世音寺からもぎ取られたまま戒壇院の機能を失って現在に至っている。

<下野薬師寺>
下野薬師寺戒壇院は薬師寺もろとも室町時代に兵火で焼け、現在はその塔頭の一部が真言宗智山派の寺院として細々と活動しているにすぎないが、自治医大にその精神が確実に受け継がれているのが救いです。


鑑真和上の自坊としてできた唐招提寺は国家の戒壇院ではないものの、それらをまとめる役割をしていた。

******
四番目の国立戒壇院としては最澄の死後に光定の尽力で比叡山に設けられたものが有名です。

大乗戒ということが強調されるが、実は大乗戒は天台宗をも初めて日本に伝えた鑑真和上が伝えており、具足戒を受けた僧侶がさらに授かるものという位置づけであった。大乗戒はそもそも出家と在家を分つ戒律ではなかった。大乗戒だけが都会に齎されたということは在家の人もそれを授かる機会を得たということで重要です。しかし、大乗は最澄師や日蓮上人の専売特許ではなく、既に鑑真和上からです。

*****
<具足戒を授ける為の私設の戒壇院>:寺院が残っていても律院としては機能していない。

俊仍律師の泉涌寺

叡尊の西大寺
天台宗の安楽律院
etc.
慈雲尊者の法楽寺、長栄寺、高貴寺などもそうです。


明治年間に雲照律師が設けた三カ所
東京の新長谷寺内に設けられた目白僧園、倉敷の宝嶋寺、西那須野の雲照寺も私設の戒壇院です。

現代では日本の仏教は宗派で得度を行っている。所属寺院のこともあれば、本山で行うこともある。真言宗系の本山では形式的にであるが、得度とは別に、具足戒を授けるところもある。


具足戒を授けることができる現代の私設の戒壇院としては

広島の龍蔵院に設けられたもの(チベット仏教系)

東京の八王子と兵庫県の三田に設けられたもの(テーラヴァーダ仏教系)

こういった情報を過去の歴史に重点を於いて集めることにより少しでも多くの人々にこの領域夷関心をもってもらう為に立ち上げました。

それによって「エンゲージドブッディズム」(社旗参加型仏教)などと称して輪廻否定な越法罪をも厭わないとんでもないことをしたり顔で真面目?に論じることをする坊主頭な者たちがいるが、そういった律否定な悪鬼たちの正体を見抜けるようになって欲しいです。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2012年4月10日

1870日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!