mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > PC、インターネット > DNSサーバ

DNSサーバ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年9月22日 21:48更新

DNSサーバ(でぃーえぬえすサーバ)またはネームサーバとは、Domain Name System でホストの識別子を利用者が理解し易い形式(ドメイン名、例えば'ja.wikipedia.org')とコンピュータが理解し易い形式(IPアドレス)を対応付けるコンピュータやサーバソフトウェアのことである。ドメイン名に対するIPアドレスを調べる事を名前解決と呼ぶ。





目次
[非表示] 1 概要
2 DNSコンテンツサーバ
3 DNSキャッシュサーバ
4 実装
5 外部リンク
6 関連項目


概要 [編集]

ウェブブラウザやメールサーバ等のネットワークアプリケーションは、OSを介して、URLに示されたドメイン名のIPアドレスや、メールアドレスに応じた配送先メールサーバなどを知るために、DNSサーバに問い合わせを行う。DNSサーバに対して問い合わせを行うクライアントを特にリゾルバと呼び、リゾルバはWebブラウザ等の動作しているコンピュータだけでなく、他のDNSサーバへ問い合わせを行うDNSサーバである場合も有る。

DNSサーバには 2種類ある。
DNSコンテンツサーバ - ドメイン名とIPアドレスなどの対応付けを、ドメイン名空間のゾーンと呼ばれる単位で管理する。
DNSキャッシュサーバ - フルリゾルバとも呼ばれ、ドメイン名の検索業務をおこない、結果をキャッシュする。

独自のドメイン名をドメインレジストラで登録する際、そのドメイン名を管理する「DNSサーバ」として指定するのがDNSコンテンツサーバである。

また一般的な利用者がコンピュータのネットワーク設定をする際、「DNSサーバ」として指定するのがDNSキャッシュサーバである。これはそのコンピュータのリゾルバが最初に問い合わせるDNSキャッシュサーバのIPアドレスを指定するものであり、Windowsなどではコントロールパネルの「ネットワーク設定」、あるいはUNIXの/etc/resolve.confなどへの設定が該当する。 DNSキャッシュサーバのIPアドレスを知るためにDNSキャッシュサーバを使うことはできないので、リゾルバはあらかじめDNSキャッシュサーバのIPアドレスを知っている必要がある。前述のように利用者が手動で指定する場合の他に、DHCPにより自動的に設定する方法が多い。

名前解決する方法にも2種類ある。
再帰検索 - リゾルバからの問い合わせの要求を受け取ったDNSサーバが、他のDNSサーバに対して問い合わせを行い、その結果をリゾルバに応答する方法。
非再帰検索 - リゾルバからの問い合わせの要求を受け取ったDNSサーバが、管理下のゾーンやキャッシュされた情報を応答するか、またはそれらの情報が無いという応答をする方法。

単純な問い合わせ機能しか持たないリゾルバ(スタブリゾルバ)がDNSキャッシュサーバに要求する場合には再帰検索の要求が行われる。それによりDNSキャッシュサーバは、キャッシュされた情報が無ければ他のDNSサーバに対して問い合わせを行う。 DNSキャッシュサーバが他のDNSサーバに非再帰検索で要求すると、問い合わせを受けたDNSサーバ(通常はDNSコンテンツサーバ)は自らが知っている情報を応答する。 リゾルバが問い合わせた内容に対して、より適切な情報を持っているDNSサーバを示す応答を受け取った場合、再帰検索を要求されていたDNSキャッシュサーバはそのDNSサーバに対して問い合わせを行い、名前解決の結論が出るまで繰り返す。このように問い合わせを繰り返すリゾルバをフルリゾルバと呼ぶ。

DNSコンテンツサーバ [編集]

DNSコンテンツサーバの役割は、Domain Name Systemにおいて自ゾーンで管理するサーバのIPアドレス等の各種リソースレコード(RR)を保持し、問い合わせの要求があった時に回答の応答をすることである。
リソースレコードの例 Aレコード: 名前に対するIPアドレス
PTRレコード: IPアドレスに対する名前 (IPアドレスは 1.1.168.192.in-addr.arpa. の様に表記される)
NSレコード: そのゾーンの権威あるDNSコンテンツサーバの名前
MXレコード: そのゾーンのメールサーバの名前

等々
wikipedia.orgのDNSコンテンツサーバの例
このDNSコンテンツサーバは、ja.wikipedia.orgやwww.wikipedia.orgなどwikipedia.orgゾーンの各種リソースレコードを保持している。ただし、orgゾーンに保持されているIPアドレスは知らない(間違った設定によってorgのNSレコードをキャッシュで答えてしまうサーバも実際には多く存在する)。このDNSコンテンツサーバは、DNSクライアント(再帰検索の場合はDNSキャッシュサーバ)から、ja.wikipedia.orgのIPアドレスを教えるよう要求を受けると、自分が保持しているコンテンツから、ja.wikipedia.orgのIPアドレスを探し、それをDNSクライアントに返答する。

このようにドメイン名からIPアドレスを検索する事を正引きと呼び、逆にIPアドレスからドメイン名を検索する事を逆引きと呼ぶ。

DNSキャッシュサーバ [編集]

DNSキャッシュサーバの役割は、DNSクライアント(この場合はWindowsなど)から名前解決を依頼されたとき、再帰検索を行い、ドメイン名の解決を図ることである。

Webブラウザで、www.wikipedia.orgなどを入力した際、そのコンピュータがまず名前解決しに行くのが、DNSキャッシュサーバである。DNSキャッシュサーバのIPアドレスは、DHCPなどから取得するほか、設定ファイルとしてマシン内に保存することもある。

実装 [編集]

DNSサーバの主な実装を列挙。 DNSサーバの中には、DNSコンテンツサーバとDNSキャッシュサーバが別々になっているものもあれば、一緒に実装するものもある。
BIND
Djbdns
dnsmasq
Microsoft DNS Server
NSD
unbound

外部リンク [編集]
情報処理推進機構:DNSキャッシュポイズニングの脆弱性に関する注意喚起
日本DNSオペレーターズグループ
JP DNS Web Page

関連項目 [編集]
Domain Name System
サーバ
OpenDNS

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2012年4月2日

1823日間運営

カテゴリ
PC、インターネット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!