mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > シチュアシオニスト

シチュアシオニスト

シチュアシオニスト

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月9日 00:06更新

シチュアシオニスト・インターナショナル

1957年、シュルレアリストの乗り越えをめざし、ヨーロッパ各国の前衛芸術家たちによって結成。大戦直後のアンリ・ルフェーブルら『アルギュマン』派の「日常生活批判」を受けて、高度資本主義社会の主要矛盾を「労働」をめぐる矛盾ではなく、「余暇」をめぐる矛盾と見、文化や情報が商品として自律した「スペクタクル社会」(※)を批判の焦点に据えた。「労働の拒否」、「日常生活の革命的批判」、「状況の構築」などを掲げ、芸術と政治、文化批判と社会批評を結合させて行われたその独自の運動は、フランスの「五月革命」、オランダの「プロヴォ」、イタリアの「アウトノミア」など、後のヨーロッパの文化闘争に多大な影響を与えた。

なんつー歴史的なうんちくはどうでもよくて、問題は今、ここ、なのだ!現在のスペクタクル化された社会(あるいは石原都知事でもいい)に不平・不満のある者みんな集まれ!不法集会だ!パンクス、ラスタ、スクオッター、アナーキスト、フリーター、ニート、欲求不満な主婦、性的不能のおじいちゃん、不法滞在者、残業地獄のサラリーマン、落書き青年、誰でもウエルカム!みんなで集って、現代のシチュアシオニストたるべく、行動を起こせ!我々の扱う領域は美術、映画、文学、建築、都市計画、日常生活、広告、政治、戦争、思想と多岐に渡る。

※スペクタクル社会
1950年代、フランスの思想家、ギー・ドゥボールが唱えた概念。多くの人々が受動的な観客の位置に押し込められた世界、映画の観客のようにただ眺めることしか残されていない、資本主義の究極の統治形態をいう。

参考文献
木下誠監修 機関紙「アンテルナシオナル・シチュアシオニスト」全6巻(インパクト出版会)
ギー・ドゥボール著『スペクタクル社会』(筑摩書房)
ギー・ドゥボール著『スペクタクル社会についての註解』(現代思潮社)

シチュアシオニスト・オンライン文庫
http://homepage.mac.com/araiken/antel0.html

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 955人

もっと見る

開設日
2004年11月16日

4407日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!