mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ファッション > COURTS AND HACKETT

COURTS AND HACKETT

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月5日 07:58更新

【 COURTS AND HACKETT SKULL RING 】
過去30年もの間、キース・リチャーズのスカルリングは、独自の伝説とアイコンとして の立場を持ち、一人歩きしてしていた。世界でひどく有名になったこのリングは、キース・リチャーズが毎回のギグや写真で身につけているリングという事だけでなく、ロックンロールそのものを意味する象徴とさ れていった。そして、このリングは世界中のカルトな従者と際限の無いあらゆる偽造品を蔓延させる結果を引き起こすことになった。今までに、誰がこのリングをデザインしたか、誰がオリジナルを造ったかという数限 りない主張がなされてきたが、真相はこれである。1978年、ロンドンのゴールドスミス(金細工師)として世に知られているディビット・コーツとビル・ハケットの二人は、人間の骸骨を題材に小さなサイズの銀の彫刻を制作中であった。本物の人間の頭蓋骨を参考にしながら完全なミニチュアのレプリカを造り、それを元に型をとった。型から流し込んだ空洞状のワックスの頭蓋骨を取り出すときに、このリングのインスピレーションが湧いたのである。さらなる実験の繰り返しが、オリジナルのシルバースカルリングの誕生をもたらした。時を同じくして、ニューヨークにいるキー ス・リチャーズから誕生日パーティーの招待状が届いたのである。ビルとディビットはこのスカルリングが素晴らしい誕生日のプレゼントになるだろうと思った。キースがリングを指にしたとたん、魔法が放たれた。それ以来、キースは着用し続けている。1978年にキースがコーツ・アンド・ハケットのオリジナルスカルリングを身につけて以来、ディビットとビルは無数の問い合わせを受けて来た。しかし、両人はスカルリングはただ唯一の存在であるべきものと決断をしていた。よって、レプリカ用の鋳型も無ければ、複製も存在しない。今、はじめて入手可能な、新しいデスヘッドリングがみごとに仕上がった。オリジナルリングを作った時と同じ人間の頭蓋骨をモデルに制作された。彼らのアトリエで独特のテクニックを駆使して展開された、新しい究極のリングである。完璧に彫り起こされた頭蓋骨の構造、一本づつ個別に鍛錬に造られた歯、精巧に彫り込まれた頭蓋縫合線、まさに精巧なディテールである。
http://www.courtsandhackett.com/index.html   ROLLING STONES CRAZY PIG

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 40人

もっと見る

開設日
2012年1月18日

1986日間運営

カテゴリ
ファッション
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!